2018年01月06日 05時00分 公開
特集/連載

モジュール構造が差異化ポイントモトローラの新型スマホ「moto z2 force edition」、満足度は「iPhone 8 Plus」「Galaxy S8」に匹敵か

Motorola Mobilityの「moto z2 force edition」の性能や機能は、「iPhone 8 Plus」「Galaxy S8」といった他のハイエンドスマートフォンと比較しても、決して見劣りしない。

[Ed Hardy,TechTarget]

関連キーワード

Google | Android | スマートフォン


写真1 写真1 moto z2 force edition《クリックで拡大》

 スマートフォン市場ではAppleとSamsung Electronicsが多くの注目を集めている。だがLenovo傘下のMotorola Mobilityも相変わらず素晴らしい製品を販売している。同社の最新主力モデル「moto z2 force edition」は、大型ディスプレイ、高速プロセッサ、高性能カメラを備える。moto z2 force editionは、「moto z」「moto z2」といった過去の機種と同様、「moto mods」を使って拡張できるモジュール構造のデバイスだ。

構造とデザイン

 スマートフォンの大型ディスプレイは好評だが、本体がかさばるのは不評だ。5.5型ディスプレイ搭載のスマートフォンが、辛らつな評価を受けないようにするには、本体を極薄にするしかない。moto z2 force editionはこの目標を実現しており、厚さはわずか6.1ミリ。大型ディスプレイを囲む本体は155.8×76ミリだ。これにより、サイズの点ではSamsungの「Galaxy S8」やAppleの「iPhone 8 Plus」など、トップクラスの競合機種にほぼ匹敵している。重さは143グラムと軽量だ。主要競合機種と比べても少し軽い。実際に使用してみると、moto z2 force editionはズボンの前後のポケットに楽々収まる。ただし、その上に座らないように注意が必要だ。

 薄さといえば、超薄型スマートフォンを所有する利点の1つとして、保護ケースを装着しても、それほどかさばらない点が挙げられる。moto modも装着できる。

 moto z2 force editionは、撥水(はっすい)効果を発揮するナノコーティングを施している。ある程度なら水にぬれても保護してくれる。例えば誤って水をこぼしたり、水が跳ねたり、小雨に降られたりした場合などだ。誤解のないように触れておくが、防水ではない。

ディスプレイ

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。