2018年02月20日 08時00分 公開
特集/連載

VR導入事例HoloLensで遠隔地の医師も参加した外科手術成功

Microsoftの「HoloLens」による仮想現実を使って海外の医師がサポートする手術が行われた。

[Lis Evenstad,Computer Weekly]
Computer Weekly

 Royal London Hospitalの外科医が世界の他の地域にいる外科医の協力を受け、仮想現実(VR)を使って患者の手術を行った。

Computer Weekly日本語版 2月7日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 2月7日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 結腸直腸外科医シャフィ・アーメド医師は、インドのムンバイと英国のロンドンにいる外科医の支援を仰ぎ、大腸がんの組織を患者から切除する手術を行った。

 Royal London HospitalはBarts Health NHS Trustが運営する病院だ。この病院では、手術室に居合わせていない外科医がMicrosoftの「HoloLens」を使って手術現場に「仮想的に現れ」手術室に一緒に居るかのようにアバターとしてコミュニケーションした。

 アーメド医師によると、これはテクノロジーと医療を真に融合する一例だという。「当院では、時差を超えてリアルタイムに世界中の専門家を集め、手術を安全に行い、患者に最高の治療効果を確保できることを実証し、外科診療を民主化している」と同医師は話している。

 「拡張現実や仮想現実には大きな可能性がある。それはNHSでの事例にとどまらない。発展途上国でのアクセスの容易性、公平性、安全性を向上するためのコラボレーションの促進にもつながる」

 ムンバイのTata Memorial Centreのがん外科医シャイレッシュ・シュリカンド医師とBMI The London Independent Hospitalの結腸直腸外科医ヒテッシュ・パテル医師は、手術中、手術室に浮かぶ患者のスキャン像を3Dホログラムの形で見ることができ、そのイメージを実際に思い描くことができた。

 パテル医師によれば、HoloLensを初めて使用したので慣れるまでに少し時間がかかったという。だが、こう付け加えた。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news096.jpg

「KARTE for App」がモバイル計測ツール「Adjust」とデータ連携
「KARTE for App」がモバイル計測ツール「Adjust」とデータ連携を開始した。

news056.jpg

「C CHANNEL」、訪日タイ人をターゲットに想定した動画広告メニューを提供
C Channelは、タイ子会社のC CHANNEL(Thailand)において、訪日タイ人観光客向けに商品...

news020.jpg

カードタイプの電子マネー、地方で強いのは「WAON」――MMDLabo調べ
MMDLaboは、「2018年5月モバイル決済 利用者・未利用者比較調査」を発表しました。それに...