2011年05月06日 18時00分 UPDATE
特集/連載

フォロワーをただ増やせば良いわけではないTwitterのビジネス利用で過ちを犯さないための6カ条

企業がTwitterを利用する上で最もありがちな6種類の過ちと、それを避けるためにはどうすればいいのかを紹介する。

[Wendy Schuchart,TechTarget]

 CIOの多くは、自分たちが率先してソーシャルメディア利用の実例を示し、仕事でのTwitter利用にもっと前向きになる必要があるとの認識を持っている。しかしどこから手を付けるべきなのか。TwitterやFacebookの領域に足を踏み入れることに関して、CIOはとりわけ弱腰になりがちだ。人気テレビ司会者のオプラ・ウィンフリーが[Caps Lock]をかけて大文字に固定してしまったり、米赤十字社が誤って個人的なツイートを公式Twitterで投稿して騒動を起こすなど、ソーシャルメディアで恥をさらしてしまうハプニングや失態は大きな注目を集める。

 こうしたハプニングは確かに体面上問題ではあるが、ソーシャルメディアで犯した過ちの多くは容易に修正できる。以下にTwitterのビジネス利用で最もありがちな6種類の過ちを挙げ、それを避けるための対策をアドバイスする。

1. 人間性の欠如

 ユーザーはTwitter上で企業という存在に対し、ある程度の品格と華やかさを期待する。しかし優れたソーシャルメディア戦略では、企業としてのメッセージに適度な人間性と個性を織り交ぜている。TwitterやFacebookの専門家の中には、プロファイルに自分の写真を掲載することをためらって、代わりに会社のロゴを掲載する向きもあるが、それではフォロワーと個人的なレベルで結び付くことが一層難しくなる。

成功戦略

 「ソーシャルメディア」であることを思い起こし、社交家になることを恐れてはいけない。目指すべきは偽りのない印象だ。「自分の個人的な関心事についてツイートする。新しいAudiに夢中なら、それについて語ることだ」と米Rightpoint Consultingのソーシャルコンピューティング担当ディレクター、ジェフ・ウィリンジャー氏は助言する。プロファイルの写真はツイートするたびに表示されるので、実際の自分の写真を使い、そのアカウントを運営している人物のことをフォロワーによく知ってもらえるようにする。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news080.jpg

イオン店舗で「ガチャ」を利用したオムニチャネル施策
グランドデザインが運営するオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall」を活用した販...

news023.jpg

「カゴ落ち防止」のつもりで“ネットストーカー”になっていないか?
「枠」から「人」へ。広告の効率的な配信ができるのはネットの強み。ECサイト事業者にと...

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...