TechTargetジャパン

技術文書
スパム対策最前線
 さまざまなサービス(通信プロトコル)上でスパムが目立ち始めている。スパムが手を伸ばしている領域は年々増えつつあることを理解し、防御策の最前線を知っておくことがスパム対策の最善策といえる。 この電子ブックレットでは、近年増え続けるスパムの傾向と対策を考...(2008/6/9 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
「メール環境とセキュリティに関するアンケート」調査結果リポート(2008年3月)
 シマンテックとアイティメディアの@IT編集部では、毎年、ネットワーク管理業務にかかわる@IT読者を対象に電子メール環境とメールセキュリティに関するアンケート調査を行っている。このホワイトペーパーは、2008年3月に行った調査結果リポートである。  企業規模、IT...(2008/5/26 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
間違いのないスパムフィルター選び 〜導入前のテスト方法と留意点
 スパムメール増加による被害は、ISPや大手企業はもちろん一般企業でも深刻だ。スパム対策を講じるに当たって、ウイルスフィルターと比べるとスパムフィルター技術は多種多様であり、ソリューションを選択する技術者は各技術の有効性や長所、欠点などの情報を十分に得る...(2008/2/25 提供:センドメール株式会社)

技術文書
トレンドマイクロのスパム対策 ホワイトペーパー
 トレンドマイクロのスパムメール対策は第3者機関での検証において、スパムメール検出率 No.1(*1)が立証されました。 検証結果には、革新的な技術を開発することでスパムメールの攻撃手法の変化に対抗し、スパムメール送信者に先を越されないためのトレンドマイクロ...(2007/10/23 提供:トレンドマイクロ株式会社)

レポート
実証!スパムフィルタ選定の必須条件。誤検出防止の精度と、ブロック率はこんなに違う。
サーバが悲鳴を上げるほどの膨大なスパムメール。中途半端なフィルタリングはもはやまったく意味がない。真に有効なスパム対策を講じるために、ISPや企業は何を基準にどのようにスパムフィルタを選ぶべきか。独自の「コラボレーション型」の仕組みで、世界160ヶ国以上の信...(2007/2/9 提供:センドメール株式会社)

レポート
ESG Lab レビュー シマンテック アンチスパムの有効性
 Enterprise Strategy Group(ESG)は、テクノロジーベンダー、ITプロフェッショナル、ベンチャー企業、投資家を対象に戦略ガイド、サービスを提供する分析・調査機関だ。 ESGは、Symantec Mail Securityエンジニアリングに参加し、スパム対策プロセスの確認と、リアルタ...(2007/8/1 提供:株式会社シマンテック)

レポート
この一冊でセキュリティ最新動向が分かる  セキュリティ脅威レポート2017年版
 シマンテックが毎年発行している『インターネットセキュリティ脅威レポート(ISTR)』の最新版(2017年4月発行)が発行された。世界最大級の民間脅威情報収集ネットワークが157を超える国や地域の脅威活動を監視し、取得した9兆件を超えるセキュリティデータを徹底分析...(2017/10/10 提供:株式会社シマンテック)

レポート
米大統領選挙の裏で実行された攻撃 サイバー犯罪の標的はIoT、モバイルへ
 本コンテンツは、シマンテックが毎年発行している『インターネットセキュリティ脅威レポート(ISTR)』の最新版(2017年4月発行)である。157を超える国や地域で脅威活動を監視し、取得した9兆件を超えるセキュリティデータを徹底分析し、アナリストが以下のような調査...(2017/6/19 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
日本語スパムにも対応するスパムブロックの仕組みを解説
 企業のメールサーバに届くスパムメールは、全体の8割〜9割を占めるといわれている。スパムメールは多様化・巧妙化の一途をたどり、特に日本では画像スパムやPDFスパムに加え、増大する日本語スパムへの対策も重要な課題になっている。未知のスパムの脅威に晒される危険...(2008/2/27 提供:株式会社トランスウエア)

技術文書
シマンテック メッセージング マネージメント
今や電子メールは企業にとって最もミッションクリティカルなシステムとなっている。本書では、組織が直面する電子メール環境の重要な問題について説明している。主要なコミュニケーションツールとして電子メールを使用し、Microsoft Exchangeでメッセージングインフラスト...(2007/2/9 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
スパム対策を確実に行うポイント
スパム検出の精度を向上させるためには、導入後の微調整などの運用がどうしても必要になる。その運用方法をMcAfee SCM Applianceを例にご紹介2005年より発行している「McAfee Technical Newsletter」から、スパム関連の動向、課題、そして運用・管理といった、管理者がま...(2006/2/10 提供:マカフィー株式会社)

技術文書
より精巧なスパム攻撃、スノーシュースパムを知っていますか?
 過去3年間において、1ユーザーが1時間に利用する Eメール利用は15.3%増加していますが、2006年から現在に至るまで、スパムの数は全世界で減少傾向にあります。一方で、Eメールにおける標的型攻撃の割合は2011年から2012年度にかけて40%の増加となりました。 つまり...(2013/5/14 提供:シマンテックドットクラウド)

製品資料
98%以上のスパム遮断率を提供する複合型アンチスパムアプライアンス
スパムメールの増加による被害は業務効率を低下させるだけではなく、企業のネットワークやメールシステム、ユーザーに実害を及ばす危険性を秘めている。多様化・巧妙化の一途をたどるスパムメールの脅威に対し、どのような対策でメールシステムとユーザーを保護すれば良い...(2008/5/15 提供:株式会社トランスウエア)

レポート
シマンテック インターネットセキュリティ 脅威レポート(2007年1月〜6月の傾向)
 シマンテックは、世界中のインターネット上での脅威を網羅した最高レベルの統合性を誇るデータソースを構築している。「Symantec Global Intelligence Network」は、インターネット全体でのネットワーク活動を監視しており、180カ国を超える国々でネットワーク活動を監...(2007/11/12 提供:株式会社シマンテック)

レポート
インターネットセキュリティ脅威レポート(2006年7月〜2006年12月の傾向)
シマンテックは、ますます複雑化するセキュリティ問題に適切に対処できるよう、さまざまなセキュリティ脅威を分析評価した「インターネットセキュリティ脅威レポート」を定期的に発行している。 複雑化、高度化するセキュリティ脅威。的確な分析を行わなければ抵抗するの...(2007/6/21 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
スパムエコノミー:スパマーとウイルス作成者の共謀(付2006年上期脅威レポート)
スパム送信の目的は、機密情報や金銭を狙った深刻なものになっている。金銭窃取が目的となったことでサイバー犯罪が組織化し、ウイルスやスパムの作成者が共謀するようになった。そのため騙しの手口も巧妙化している。スパマーが簡単に種類の異なるスパムメッセージを自動...(2006/10/11 提供:ソフォス株式会社)

技術文書
迷惑メール対策アプライアンス ホワイトペーパー
迷惑メールの処理にどれぐらいの時間を毎日費やしていますか? ゲートウェイで迷惑メール対策をすることで無駄なリソース消費と時間を削減。その迷惑メール対策の全貌を明らかにしたホワイトペーパー!このホワイトペーパーでは、日本語を含む迷惑メール増加による先進の...(2006/2/17 提供:株式会社アラジンジャパン)

技術文書
スパムエコノミー:スパマーとウイルス作成者の共謀(付2006年上期脅威レポート)
スパム送信の目的は、機密情報や金銭を狙った深刻なものになっている。金銭窃取が目的となったことでサイバー犯罪が組織化し、ウイルスやスパムの作成者が共謀するようになった。そのため騙しの手口も巧妙化している。スパマーが簡単に種類の異なるスパムメッセージを自動...(2006/9/11 提供:ソフォス株式会社)

講演資料
最新のスパム攻撃とその対策 〜Symantec Mail Security〜
 横行するスパムの種類は変質している。どのようなスパムが増加しているのか? 2007年11月に行った調査から分かったメールセキュリティの最新動向と課題について解説する。 さらに、スパム対策の秘訣として「Symantec Mail Security」を紹介する。統合されたスパム対策...(2007/12/19 提供:株式会社シマンテック)

レポート
1回のデータ侵害で平均218万件が流出──2014年版インターネットセキュリティ脅威レポート
 2013年のデータ侵害の総件数は253件、流出した個人情報の総件数は5億5200万件、1回のデータ侵害で流出した個人情報の平均件数は約218万件で前年比261%増──シマンテックが毎年発行している「インターネットセキュリティ脅威レポート」の2014年版によるものだ。標的型...(2015/2/27 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
スパム対策運用コストを3分の1に削減する方法
 スパム対策をはじめとするメールセキュリティ製品はほぼ全ての企業で導入されているが、そのコストや運用負荷に悩まされている企業は少なくないのではないだろうか? また、導入から数年がたち、サーバの老朽化やサポート切れなどを機に、メールセキュリティのリプレー...(2013/12/5 提供:ダウジャパン株式会社)

製品資料
スパム対策運用コストを3分の1に削減する方法
 スパム対策をはじめとするメールセキュリティ製品はほぼ全ての企業で導入されているが、そのコストや運用負荷に悩まされている企業は少なくない。また、導入から数年がたち、サーバの老朽化やサポート切れなどを機に、メールセキュリティのリプレースを考えている企業も...(2014/2/5 提供:ダウジャパン株式会社)

製品資料
パスワード漏えいでスパム配信の“踏み台”にならないための防衛策
 標的型攻撃やフィッシング詐欺など、パスワード漏えい事件が多発しており、メールサーバも例外ではない。その結果、外部、特に海外のIPからのメールアカウントへの不正アクセスにより、スパムの発信元として利用され、知らないうちに自分のMTA(Mail Transfer Agent)が...(2014/7/22 提供:ディープソフト株式会社)

製品資料
50%のコスト削減は可能か? スパム対策製品比較と事例集
 企業は、3年から5、6年周期でさまざまなITシステムのリプレースを繰り返し実施している。ハードウェアはもとより、ソフトウェアのリプレースが必要になることも多く、そのコストは企業にとって大きな課題だ。 また、製品自体の価格だけでなく、従来よりも運用効率を向...(2014/1/14 提供:ダウジャパン株式会社)

レポート
セキュリティ徹底分析:サイバー犯罪者がこれから狙ってくるものは?
 今やサイバー犯罪は一大ビジネスに成長している。サイバー攻撃に必要なソフトウェアをサービスとして提供する「Malware as a Service」まで登場し、サイバー犯罪組織がソフトウェアとサービスを提供するベンダーのような役割まで果たし始めている。 また、サイバー攻撃...(2017/3/1 提供:シンガポールテレコム・ジャパン株式会社)

レポート
インターネットセキュリティ脅威レポート2013
【シマンテックインターネットセキュリティ脅威レポートとは】■高度なセキュリティ技術を元に脅威情報を検出し収集分析 シマンテックは世界最高レベルの統合性を誇る脆弱性データベースを運営しており、現在このデータベースには、16,687以上のベンダーが提供する43,391...(2013/5/30 提供:株式会社シマンテック)

レポート
攻撃の55%は内部犯行? 内部犯行者による脅威はなぜ見落とされるのか
 最新報告『IBM X-Forceレポート2015年第2四半期版』によると、「内部犯行者による脅威」は他の攻撃タイプと比較して“最上位の脅威”に位置付けられている。また2014年に記録された攻撃のうち、45%は部外者が原因と判明した一方で、55%はシステムへの内部的アクセスが...(2015/7/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
Heartbleed脆弱性は発覚から4時間で悪用された?──2015年版最新脅威レポート
 インターネット上の脅威は変化を続けている。2014年は「攻撃が高速化する一方、防御が追い付いていない」傾向が見られた。例えば、Heartbleed脆弱性が明らかになってから、4時間以内に脆弱性を悪用する多数の攻撃が確認されている。また、「攻撃方法が効率化・高度化し...(2015/6/22 提供:株式会社シマンテック)

事例
300万ユーザーを抱える国内通信キャリアのスパム対策はどのように行われているのか?
 300万ユーザーを抱える某国内通信キャリアでは、スパム対策に使用していた既存製品の老朽化を機に、新しいスパム遮断システムの導入を検討することになった。 通信キャリアにとって、ユーザーに提供するメールシステムが止まらないことは大前提である。また、300万ユー...(2014/3/6 提供:ダウジャパン株式会社)

レポート
押し寄せる“スパムの洪水”、悪質化するスパマーの手口とは
 電子メールの誕生以来、スパムメールがもたらす脅威も絶えず進化を続けてきた。現在、すべてのメールトラフィックの中でスパムメールの占める割合は約8割にも達するといわれる。 本ホワイトペーパーでは、米シマンテックのSaaS部門であるメッセージラボ社が2009年に発...(2009/3/25 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading