2017年01月18日 08時00分 公開
特集/連載

「Slack」利用に失敗する会社と成功する会社の違い――9つのヒントで解き明かすメール廃止は可能?(1/3 ページ)

「Slack」や「Cisco Spark」などチームメッセージングアプリの人気が高まっている。その結果、さまざまなサービスがチームメッセージングアプリに変わってしまう可能性がある。

[Christopher Heun,TechTarget]
Slackの公式Webページ《クリックで拡大》

 チームメッセージングアプリケーションの登場で、電子メールだけでなくカスタマーサービス用無料通話電話番号までいらなくなると聞いたら、まさかと思うだろうか。

 企業向けストレージの新興企業であるQumuloは、顧客との主要コミュニケーションツールとしてSlack Technologyのチームメッセージングアプリケーション「Slack」を採用した。顧客はそれぞれ個別のチャンネル(特定の話題についてコミュニケーションするグループ)を持つだけでなく、共通のパブリックチャンネルに招待される。そこでは顧客同士が対話でき、フィードバックを書き込んで全員で共有することができる。

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。