TechTargetジャパン

Webキャスト
標的型メール攻撃対策:未知の脅威に対処するための3つのポイント
 多様化するメール攻撃に対抗するには、複数のセキュリティ技術を組み合わせる必要がある。スパムメールには「アンチスパム」、ウイルスを添付したり、不正URLへ誘導したりするウイルスメールには「アンチウイルス」、ゼロデイ攻撃やマルウェアなど未知の攻撃には「サン...(2017/2/24 提供:フォーティネットジャパン株式会社)

事例
Office 365事例:すかいらーくが行きついたクラウドメールのセキュリティ強化策
 ガスト、ジョナサン、バーミヤンなどのレストラン店舗を全国展開するすかいらーくグループ。クラウドサービスの利用に積極的な同グループは、国内企業としては早くからOffice 365を導入して、事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策を強化してきた。 しかし、その後...(2016/11/8 提供:株式会社クオリティア)

製品資料
Office 365やGoogle Appsのセキュリティを補完――クラウドサービスのメールセキュリティ対策
 サイバー攻撃が日々巧妙化する中、クラウドベースのメールサービスに関しても、そのセキュリティを疑問視する声が聞かれるようになった。ベンダー各社は、マルウェア対策とデータ漏えい防止の機能が備わっているというが、実際のところ、それらは十分な対策となり得るの...(2016/5/23 提供:株式会社シマンテック)

事例
Office 365&Google Appsへメールセキュリティを追加する際に考慮すべきポイントとは?
 日本年金機構における情報漏えい事件を例に出すまでもなく、メールセキュリティをいかに高めるかは企業のIT部門にとって重要な課題となっている。しかしメールセキュリティを万全にしようとすると、さまざまなツールが必要になる。ウイルスチェックにはじまり、誤送信の...(2016/2/1 提供:ケイティケイ株式会社)

技術文書
Office 365やGoogle Appsに足りないメールセキュリティ、何を足せばいい?
 「Microsoft Office 365」(以下、Office 365)や「Google Apps」といったクラウドサービスは、従業員の生産性を向上させた。しかし、これらのクラウドベースのメールおよび生産性向上ツールは、正確にはどの程度のセキュリティを提供しているだろうか? 例えば、Offic...(2015/10/26 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
Office 365のメールセキュリティ「6つの落とし穴」
 Office 365はビジネスソリューションに強くスタンダードともいえるマイクロソフトのサービスということもあり、セキュリティは標準機能で十分と考えているユーザーも多い。しかし、いざ利用を開始すると、メールセキュリティの面で不安を覚えるケースが増加している。 ...(2015/10/19 提供:株式会社クオリティア)

事例
中京テレビ放送が感じた、Office 365のメールセキュリティに足りない機能とは何か?
 1969年に開局して以来、愛知・岐阜・三重でテレビ放送事業をはじめ、文化・スポーツ振興なども積極的に行い、地域とともに歩んできた中京テレビ放送。メールシステムは自社サーバだったが、容量の問題からクラウド移行を検討し「Microsoft Office 365」を採用した。 導...(2015/10/19 提供:株式会社クオリティア)

製品資料
「セキュリティ対策の矛盾点」パブリッククラウドを本当に守るためには
 クラウド総研の調査によれば、パブリッククラウドを利用する企業の7割が「セキュリティ対策は十分」だと回答している。しかしその一方で、既に2割の企業がパブリッククラウド上でセキュリティ被害を受けたと回答している。 対策済みとして挙げられたセキュリティ対策の...(2015/8/14 提供:バラクーダネットワークスジャパン株式会社)

製品資料
パブリッククラウドのセキュリティレベルを上げる5パターンの対策
 パブリッククラウドの利用について、数年前までは多くの企業がセキュリティの不安から慎重な態度を示していた。しかしその後、セキュリティレベルはユーザーにとって安心、あるいは許容できるものとして受け入れられるようになり、現在ではメールなどの情報系だけでなく...(2015/8/14 提供:バラクーダネットワークスジャパン株式会社)

Webキャスト
Office 365のメールセキュリティでできること、できないこと
 クラウドの普及により、ビジネスソフトを個別の導入からクラウド利用の「Office 365」に切り替える企業が増えている。この時、気をつけたいのはOffice 365のメールセキュリティの課題だ。トラブルになりがちなメール誤送信のトラブルとして、「宛先間違い」「添付ファイ...(2014/12/19 提供:株式会社トランスウエア)

Webキャスト
Office 365では対応できないメールセキュリティ3つの対策ポイントとは!?
 従来はメールサーバをオンプレミスで管理するのが一般的だったが、近年は社内資産のクラウド化に伴い、Office 365のようなクラウドサービスにメールサーバをアウトソースすることが一般的になってきた。メール環境に求められるセキュリティも変化しており、外部からのサ...(2014/10/7 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

製品資料
進化した電子メールのセキュリティ、3つの対策を徹底解説
 電子メールは、情報交換において最も浸透しているインフラだ。ウイルスやスパムなど脅威の進化とともに、電子メールのセキュリティ対策も強化されてきた。昨今の標的型攻撃や、クラウド、仮想化など新しいテクノロジーの浸透とともに、メールセキュリティも日々進化を続...(2014/10/3 提供:マカフィー株式会社)

事例
エン・ジャパンのタブレット×Micorosoft Office 365によるワークスタイル変革を支えるクラウドセキュリティ
 求人情報サイト「エン転職」運営などネットでの人材採用サービスを手がけるエン・ジャパン。同社では、2012年に営業社員全員にタブレットを配布し、メールや日報提出を社外から行うなど営業業務の効率化を図った。あわせて構築・運用コストと負荷削減のため、メール環境...(2014/4/1 提供:株式会社HDE)

製品資料
スパム対策運用コストを3分の1に削減する方法
 スパム対策をはじめとするメールセキュリティ製品はほぼ全ての企業で導入されているが、そのコストや運用負荷に悩まされている企業は少なくない。また、導入から数年がたち、サーバの老朽化やサポート切れなどを機に、メールセキュリティのリプレースを考えている企業も...(2014/2/5 提供:ダウジャパン株式会社)

製品資料
Office 365導入済み・検討中の企業必見! Office 365のメールセキュリティ、6つの落とし穴に注意
 クラウド型メールへの移行が進んでいる。ビジネスソリューションに強いマイクロソフトのOffice 365導入を検討あるいは決定した企業も多いだろう。だが、標準機能だけでセキュリティ対策は万全だろうか? メール送信時の上司承認や送信拒否などの一部の誤送信防止機能は...(2014/1/27 提供:株式会社トランスウエア)

製品資料
50%のコスト削減は可能か? スパム対策製品比較と事例集
 企業は、3年から5、6年周期でさまざまなITシステムのリプレースを繰り返し実施している。ハードウェアはもとより、ソフトウェアのリプレースが必要になることも多く、そのコストは企業にとって大きな課題だ。 また、製品自体の価格だけでなく、従来よりも運用効率を向...(2014/1/14 提供:ダウジャパン株式会社)

製品資料
オンプレミスでもSaaSでも悩まないセキュリティ対策
 オンプレミスとSaaS、自社システムにどちらを選択するか決定する際に、セキュリティ対策を検討材料にする企業も多いだろう。オンプレミスとSaaS、両方を利用できるセキュリティ製品を選ぶことで、オンプレミスとして自社に設置して組織にフィットした構成で活用すること...(2013/12/27 提供:ソフトバンク・テクノロジー株式会社)

製品資料
スパム対策運用コストを3分の1に削減する方法
 スパム対策をはじめとするメールセキュリティ製品はほぼ全ての企業で導入されているが、そのコストや運用負荷に悩まされている企業は少なくないのではないだろうか? また、導入から数年がたち、サーバの老朽化やサポート切れなどを機に、メールセキュリティのリプレー...(2013/12/5 提供:ダウジャパン株式会社)

技術文書
学習型人工知能エンジンが支えるクラウド型メールセキュリティの実力
 今日、世界で飛び交うメールのうち、約278通に1通の割合で、マルウェアにつながる脅威が仕掛けられている。サイバー犯罪者は高度なツールセットを使用し、従来のシグネチャベースのウイルス対策製品をすり抜ける亜種のマルウェアを自動的に大量生産している。また、標的...(2013/4/15 提供:シマンテックドットクラウド)

レポート
誤送信事故と情報漏えい事件の実例から分析する、メールセキュリティの具体策
 現代のビジネスにおいて電子メールは必要不可欠なものだが、メッセージの送受信は企業のネットワークと守秘義務に重大なリスクをもたらす危険性がある。昨今の電子メール経由の相次ぐ誤送信事故や情報漏えい事件によって、こういった事故や事件は決して人ごとではないと...(2013/3/29 提供:クリアスウィフト株式会社)

技術文書
Exchange Server/Exchange Onlineのためのメールセキュリティ対策とは
 Microsoft Exchangeは多くの企業でコミュニケーション/コラボレーションツールとして使用されている。また、Exchangeをクラウドで使用するMicrosoft Office 365も、特に中小規模企業の要件を満たすために最適なホスト型コミュニケーション/コラボレーションツールとし...(2013/3/8 提供:シマンテックドットクラウド)

製品資料
読者が選ぶ“最も優れたセキュリティ製品”〜READER’S CHOICE AWARD 2012〜
 「READER’S CHOICE AWARD 2012」は米国TechTarget社発行の「Information Security」の読者が使用経験のある製品を対象に、「インストールのしやすさ」「管理のしやすさ」といった評価項目をどの程度満たしているかを評価するもの。評価は各項目について1(不可)から5...(2013/2/7 提供:アイティメディア株式会社)

その他
Google Appsの導入を検討中・導入済の企業様必見! 失敗しないGoogle Appsのメールセキュリティ対策Q&A
 近年、日本のビジネス環境での利用も増えてきているGoogle Apps。Webメールやオンラインカレンダー、メーリングリストや情報共有機能などさまざまなサービスをWebブラウザから利用することができ、その利便性が注目されている。 しかし、その導入や活用については懸念...(2013/1/31 提供:株式会社トランスウエア)

レポート
メールセキュリティに関する読者調査リポート(2012年5月)
 TechTargetジャパンは2012年5月21日から6月3日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象にメールセキュリティに関するアンケート調査を実施した。ユーザー企業のメールセキュリティ対策の状況や対策に当たっての課題などを聞いた。本リポートでは、調査結果をまとめて紹...(2012/6/15 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
企業を脅かすメールのセキュリティリスク、クラウドが有効な理由とは?
 メールセキュリティはこれまで、ウイルス・スパム、フィッシング対策など、インターネット側からの受信メールに関連した脅威に目が向けられがちだったが、昨今、宛先間違いや添付ファイルの付け間違いによる情報漏えい(誤送信)といった、人的ミスによるメール送信に関...(2011/10/18 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

技術文書
再考する、2011年メールセキュリティシステム5つの課題
 企業にウイルス/スパイウェア対策、スパム対策等、メールセキュリティ対策が浸透したいま、メールセキュリティの新たなトピックはシステム運用上、情報漏えい防止、アーカイブ、暗号化、誤送信防止等になりつつある。これらのトピックが何故企業メールセキュリティに必...(2011/9/16 提供:株式会社コンピュータシステムエンジニアリング)

技術文書
調査レポート:SMB企業のメール&Webセキュリティ対策・クラウド化の実態
 日本を支える中堅・中小企業は、セキュリティ対策が企業価値を大きく左右する。 本レポートでは、1000名以下のSMB企業に限定し、企業がどのようなメール、Webセキュリティ対策を行っているのかをまとめている。「メールセキュリティ実施状況(ゲートウェイ型のスパム・...(2011/9/6 提供:シマンテックドットクラウド)

事例
出光興産 8,000 ユーザのメールセキュリティをわずか1カ月で刷新!クラウド型メールセキュリティ導入事例
 多くの企業において、電子メールは企業活動に欠かせない・重要な役割を担うツールとなっている。その利用頻度・重要度の高まりに比例するように、ウイルスメールや迷惑メールは複雑化・巧妙化の一途を辿っており、従来型の対策だけでは防ぎきれない脅威も生まれている。(2011/8/1 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

レポート
低予算メールセキュリティに隠されたリスク
企業のメールセキュリティに取り組むIT管理者にとって、「低予算」のソリューションという選択肢は表面上、多くの問題を解決するかのように見える。 しかし、大きく宣伝されているコスト面でのメリットは、IT管理者が実際に得るものとして本当に大きいのだろうか。また...(2011/5/6 提供:シマンテックドットクラウド)

事例
一橋大学が採用したスパム対策も安心のメールセキュリティ
 学内に情報システムの整備・運用・管理を担う情報システム部門を持つ一橋大学では、2009年度に事務情報システムの大規模な編成を行った。その際、事務職員500人分の事務用メール基盤として、ミラポイントのメールセキュリティアプライアンス「Mirapoint RazorGate」を採...(2011/2/28 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

Loading