Exchange Serverを危険にしない「更新プログラム適用」「ツール活用」の秘訣「Exchange Server」保護のベストプラクティス【中編】

「Exchange Server」の運用に際してIT管理者が実施すべきセキュリティ対策は何か。更新プログラムの適用とセキュリティツールの導入に焦点を当てて解説する。

2021年09月17日 05時00分 公開
[Reda ChouffaniTechTarget]

 Microsoftのオンプレミス版メールサーバ製品「Exchange Server」の脆弱(ぜいじゃく)性を狙う攻撃者集団「Hafnium」の台頭に伴い、Exchange Serverのセキュリティ対策を見直す動きが広がっている。前編「『Exchange Server』攻撃の被害を最小限にする方法」は、インターネットに接続するExchange Serverの稼働サーバの保護方法を紹介した。中編は引き続き2、3つ目の対策を紹介する。

対策2.迅速に更新プログラムを適用する

ITmedia マーケティング新着記事

news028.jpg

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...

news109.jpg

フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供して...

news068.png

広報活動がうまくいっている企業はどのくらいある?――オズマピーアール調査
国内企業の広報担当者200人を対象に、企業広報活動の実態を調査しました。