2017年02月28日 12時00分 公開
特集/連載

バックアップが役に立たない? 新型ランサムウェア「ドキシウェア」の脅威機密データを公にさらす(1/2 ページ)

新型のランサムウェアだといわれる「ドキシウェア」は、従来のランサムウェアと何が違うのか。専門家の声を基に、その実態を探る。

[Michael Heller,TechTarget]

関連キーワード

ウイルス対策 | マルウェア | ウイルス


画像 ドキシウェアとは何者なのか

 身代金要求型マルウェア「ランサムウェア」の脅威が広がり続けている。脅迫型ランサムウェアの「エクストーションウェア」(Extortionware:脅迫やゆすりを意味する「エクストーション」から派生)に加え、そのエクストーションウェアにひねりを加えた「ドキシウェア」(Doxware:他人の個人情報のさらし行為を意味する「ドキシング」から派生)が登場している。ドキシウェアは、被害者が所有する機密データを漏えいさせる恐れがある。

 近頃では、企業を震え上がらせる最も簡単な方法は、ランサムウェアの脅威を発表することだ。ドキシウェアは、憂慮すべき新たなランサムウェアなのか、エクストーションウェアの分類が再定義されただけなのか、専門家も確信を持てずにいる。

「ドキシウェア」とは何か

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...