Boseのサプライチェーン強化【前編】
音響大手Boseが「サプライチェーン強化」を決意した理由 東日本大震災が契機
2011年に発生した東日本大震災やタイの洪水は、音響メーカーBoseのサプライチェーンに混乱を引き起こした。同社はこの時に得た教訓を、新型コロナウイルス感染症のリスクと混乱への備えに役立てている。(2021/1/18)

複雑さを増すセキュリティ運用を簡単にするには
「セキュリティ運用のサイロ化」を今すぐ解消すべき理由と、その具体策
企業のセキュリティ担当者はさまざまな事柄を考慮しなければならない。だが複数のセキュリティ対策ツールの運用管理に追われると十分な考慮が難しくなる。セキュリティ運用管理を簡素化し、脅威を短時間で検知して解決する方法とは。(2021/1/18)

建設会社が「DaaSでテレワーク推進」で得たこと【前編】
テレワーク拡大で生産性は下がるどころか史上最高に――DaaS導入の建設会社CIO
「DaaS」を使ったテレワークを推進している米国の建設会社Mead & Hunt。テレワークによって「生産性は史上最高になる」と同社CIOは語る。その理由は。(2021/1/18)

特選プレミアムコンテンツガイド
「クラウド全面移行」をやめた大学の新型コロナ対策
竜巻対策のためにHCIを採用してデータセンターを刷新したアラバマ農工大学(AAMU)。その決断は新型コロナウイルス感染症対策としても役立つことになった。同校の取り組みを追った。(2021/1/14)

「これからの働き方」基本設計はどうあるべきか?
「緊急テレワークが“進む力”の格差をあぶり出した」MS西脇氏が語る新しい選択肢
緊急のコロナ禍対応で戦略よりも実務を優先せざるを得なかった企業では、対応が一段落した今、改めて「これからの働き方をどう設計するか」が課題となってきた。先行する企業によれば「変えないこと」の見極めが重要だという。その真意は。(2021/1/8)

学校を襲うランサムウェア攻撃【前編】
「ランサムウェア」攻撃で閉鎖した教育機関は、まず何をしたのか?
2020年11月に米国の公立学校区であるBPCSがランサムウェア攻撃を受け、システムがダウンした。連休直前に判明したこの被害を受け、BPCSは何をしたのか。(2021/1/13)

「Windows」の主要パッチ管理ツール【第3回】
Windowsパッチ管理を効率化する「Patch Manager Plus」「PDQ Deploy」の基礎
「Windows」のパッチ管理の効率化や自動化に有効なサードパーティー製ツールとして、「Patch Manager Plus」と「PDQ Deploy」を紹介する。これらはどのようにしてパッチ管理作業を効率化するのか。(2021/1/13)

SlackのCEOいわく「ソフトウェア史上最も戦略的な組み合わせ」
SalesforceのSlack買収は「Teams」打倒の決定打か、“Chatterの失敗”の再来か
SalesforceがSlack Technologiesを買収したことで、「Microsoft Teams」に対する「Slack」の競争力が強まる可能性があるとアナリストは予想する。ただしSalesforceにとっては、買収は常に成功だったとは限らない。(2021/1/12)

「顧客の待ち時間」「オペレーター不足」も一挙に解消
「AI」×「在宅」 企業を強くするコンタクトセンターの在り方
顧客とのつながりが重視される中、コンタクトセンターへの期待はますます高まっている。一方で人手不足をはじめコンタクトセンター運営の課題は山積している。加えてコロナ禍。ピンチをチャンスに変えて強いコンタクトセンターを作るには。(2021/1/12)

医療機関を狙うランサムウェアの脅威と対策【後編】
病院向けランサムウェア対策とは? 診療を止めない「シミュレーション」も重要
医療業界のセキュリティ専門家は医療機関に対して、ランサムウェア攻撃を受けた場合に備えたセキュリティ対策の重要性を説く。医療機関は具体的に何をすべきか。(2021/1/12)

「ウィズコロナ時代のゲームルール」で勝つ:
結局、自動化とは何か? デジタル化社会をRPAで勝ち残る「3つの要件」
個人と組織はどうすればデジタル化を味方に付けられるのか。RPA総研が開催した「オンラインイベントリレー 2020 Autumn」のキーノート「結局、自動化とは何か? デジタル化とは何か?」のポイントを紹介する。(2021/1/15)

オフィス勤務再開を支える3つの音声認識技術【後編】
スマートスピーカー、声紋認証、STTとは? コロナ禍出社に役立つ音声認識技術
「接触回避」と「清潔管理」は、コロナ禍のオフィス勤務で特に気を付ける必要がある。これらの課題の解決に役立つのが「音声認識技術」だ。主要な技術を紹介する。(2021/1/8)

事例で学ぶスキル向上と再教育の意義【後編】
社員を第一に考えない会社が「DX」を語るな――シュナイダーが考えるDXの進め方
DX推進は競合他社との戦いに必要だ――こうした考え方は間違いではないが、より重要な視点を見落としてはいないか。重電メーカーSchneider Electricが重視するのが「従業員ファースト」の視点だ。(2021/1/7)

読者の「知りたい」をベンダーに聞く【WVDセキュリティ編】
「Windows Virtual Desktop」(WVD)のセキュリティ対策はどうする? マイクロソフトに聞く
MicrosoftのDaaS「Windows Virtual Desktop」のユーザー企業が取り得るセキュリティ対策とは何か。読者からの質問と日本マイクロソフトによる回答を基に紹介する。(2021/1/6)

医療機関を狙うランサムウェアの脅威と対策【中編】
病院はランサムウェアとの戦いに備えるべし 専門家推奨の「重要な対策」とは
米国連邦政府は医療機関を狙うランサムウェア攻撃の激化に警鐘を鳴らす。米国の医療機関はどのような対策を講じればよいのか。具体例を交えて専門家の見解を紹介する。(2021/1/5)

コロナ禍の失敗しないプレゼント選び【前編】
ラズパイ内蔵キーボードから“ビー玉PC”まで 技術オタク納得のITプレゼントは
コロナ禍のホリデーシーズンは例年とは違ったものになりそうだ。人との距離を保ちながらギークに楽しんで過ごしてもらうためのお薦めプレゼントを紹介する。(2020/12/30)

医療機関を狙うランサムウェアの脅威と対策【前編】
病院がコロナ対策の次に「ランサムウェア」対策を真剣に考えるべき理由
米国連邦政府の各機関は、今後ランサムウェア攻撃が急増する懸念があると、医療機関のCIOに警鐘を鳴らしている。サイバーセキュリティ専門家が予想する脅威とは。(2020/12/28)

6つのカテゴリーで整理
「テレワーク」実現で中堅・中小企業が成長するには
新型コロナウイルスの流行により、2020年に事業環境が悪化した中堅・中小企業は少なくない。場所にこだわらない勤務スタイルとして「テレワーク」が注目されているが、対応するIT人材や予算が限られていることもあり、継続することが難しい。どうすればよいのだろうか。(2020/12/28)

「Xi Frame」と「Citrix Managed Desktops」を比較【後編】
CitrixのDaaSは「エコシステム」と「Microsoftとの協業」が強みか
「Citrix Managed Desktops」(「Citrix Virtual Apps and Desktops Standard for Azure」)は関連製品の幅広さが特徴のDaaSだ。その概要を整理し、NutanixのDaaS「Xi Frame」と比較する。(2021/1/5)

AWS、Azure、GCPのDRaaS【前編】
いまさら聞けない「DRaaS」の基礎 災害対策にクラウドを使う意味は?
DRサイトを構築する手段として「DRaaS」がある。DRaaSを利用するメリットと、大手クラウドベンダーのAWSとMicrosoft、Googleの動向を説明する。(2020/12/25)

オフィス勤務再開を支える3つの音声認識技術【前編】
コロナ禍のオフィス勤務のお供に「音声認識技術」が役立つ理由
コロナ禍にオフィス勤務を再開するならば、ソーシャルディスタンスの維持や接触回避、共有物の清潔管理といった課題がついてまわる。そんな場面に「音声認識技術」は役立つ可能性がある。(2020/12/25)

テレワーク先行企業から学ぶ
ニューノーマル時代に適した「快適、安全なテレワークインフラ」の最適解とは
コロナ禍を機に、全社的にテレワークへとかじを切った組織がある一方で、いまだに暫定的な対応でその場をしのいでいる企業もある。既にニューノーマルの時代が到来している中で、一刻も早く時代に即した働き方へのシフトが必要だ。(2020/12/22)

Web会議の録画データとプライバシー問題【後編】
プライバシーを侵害しないための「Web会議」録画データの扱い方
Web会議ツールは、録画データに関するプライバシー対策という課題を企業に突き付ける。一部の業種や法令が設けているデータの取り扱いに関する制約は、録画データの運用にどう影響するのか。(2020/12/22)

読者の「知りたい」をベンダーに聞く【WVD概要編】
「Windows Virtual Desktop」(WVD)とは何なのか? マイクロソフトに聞く
日本マイクロソフトが提供する「Windows Virtual Desktop」とは、どのようなサービスなのか。読者からの質問と同社による回答を基に、Windows Virtual Desktopの基本的な情報をまとめた。(2020/12/22)

ITインフラ全体を可視化
テレワーク時代のVDI──メインITとしての安定性を確保するには
テレワークを実施するに当たり、VDIは必要不可欠な存在といえる。VDIをメインの業務ツールにするなら、安定稼働は特に重要なミッションとなるだろう。では一体、どうすれば効率良くVDIを管理できるのだろうか。(2020/12/23)

TechTarget発 世界のITニュース
Veeam、コロナ禍でも業績好調でユーザー企業は40万社超え 2020年第3四半期決算
Veeam Softwareは、2020年第3四半期決算を発表した。コロナ禍でも売上高は順調に伸び、ユーザー企業数は40万社を超えたという。(2020/12/18)

スマートフォン、ノートPC、プリンタを賢く選ぶ【後編】
「ノートPC」「プリンタ」を買ってから後悔しない選び方の鉄則
技術の進化やビジネスの変化に伴って、ノートPCやプリンタに求める条件は変化する可能性がある。ただし選定のポイントは大きく変わらない。ノートPCやプリンタの選定時に考慮すべき「不動の鉄則」とは。(2020/12/18)

コロナ禍で進化するウェアラブルデバイス【第4回】
「ヘルスケア用ウェアラブルデバイス」が医療を変えるための3つの課題
コロナ禍でオンライン診療のニーズが高まる中、ヘルスケア用ウェアラブルデバイスの臨床的な利便性が分かってきた。ただし普及に至るには、解決が必要な3つの課題がある。それは何か。(2020/12/17)

「Xi Frame」と「Citrix Managed Desktops」を比較【前編】
NutanixのDaaS「Xi Frame」とは? 利点と注意点を整理
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)で知られるNutanixが、専業ベンダーの買収を経て提供を始めたDaaSが「Xi Frame」だ。その機能と特徴、課題を整理する。(2020/12/15)

TechTarget発 世界のITニュース
Microsoft 365バックアップのAvePointがSPAC活用でIPOへ コロナ禍で業績好調
AvePointはSPACとの合併によりIPOを実現する。同社は新型コロナウイルス感染症によるIT投資の変化を受け、業績が好調だという。(2020/12/11)

スマートフォン、ノートPC、プリンタを賢く選ぶ【前編】
「スマートフォン」を買ってから後悔しない選び方の鉄則
従業員が毎日使うスマートフォンの性能は生産性に直結する。時代の変化に伴い、従業員それぞれの働き方に適したスマートフォンの選定プロセスは複雑化しているものの、「不動の鉄則」はある。それは何か。(2020/12/10)

TechTarget発 世界のITニュース
Pure Storage、サブスクリプション売上高が約3割増 2021年度第3四半期決算
2021年度第3四半期にPure Storageは、サブスクリプション関連の売上高を大きく伸ばした。一方で全体の売上高は前年比4%減だった。(2020/12/10)

コロナ禍で進化するウェアラブルデバイス【第3回】
医師が語る「ヘルスケア用ウェアラブルデバイス」がオンライン診療に役立つ訳
コロナ禍のオンライン診療では、ヘルスケア用ウェアラブルデバイスが問診の助けになる可能性がある。ヘルスケア用ウェアラブルデバイスを活用するマサチューセッツ総合病院の医師に、その可能性を聞く。(2020/12/10)

なぜ、日本企業ではDXが進まないのか:
一歩先を見据えた変革のためには、どのようにデータ活用を進めればよいのか
グーグル・クラウド・ジャパンが実施したオンラインイベントでは、企業がDXに取り組む上でどのようにデータ活用を進めればよいかが議論された。ここでは、セッション内容から、DXの本質を理解するヒントとデータ活用法を探る。(2020/12/9)

必ず越えなければならない壁:
クラウドのエキスパートに聞く 企業のデータ活用を阻む「3つの壁」とは
「新しい働き方」や「新しい生活様式」への適応を迅速に進めつつ、データ分析やAIなどのテクノロジーを活用するためにはどうすればいいのか。有識者に活用のポイントや発生する課題への向き合い方を聞いた。(2020/12/9)

長期テレワークに備えたセキュリティ計画【後編】
テレワークを安全にする「ゼロトラスト」の基礎 なぜ「VPN」では不十分?
コロナ禍で導入したテレワークを安全に継続するためには、何をすればよいのでしょうか。企業が従来利用してきた「VPN」の限界と、「ゼロトラストセキュリティ」の重要性を説明します。(2021/1/14)

Web会議の録画データとプライバシー問題【前編】
TeamsやZoomなどのWeb会議の「録画」がプライバシーの新たな問題に
テレワーカーを抱える企業にとってWeb会議ツールは欠かせない存在になった。一方でWeb会議ツールはプライバシーに関する問題をはらんでいる。(2020/12/8)

「フェデレーテッドラーニング」が医療にもたらす可能性【後編】
医療AIからバイアスを排除 「フェデレーテッドラーニング」(連合学習)の臨床価値とは
「フェデレーテッドラーニング」(連合学習)を用いた共同研究は、従来医療AIモデル開発において障壁となっていた問題を解決する可能性がある。NVIDIAが協力した「EXAM」開発プロジェクトの事例から探る。(2020/12/8)

長期テレワークに備えたセキュリティ計画【前編】
テレワークを本気で続けたいなら対処すべき「2大セキュリティリスク」とは
新型コロナウイルス感染症対策で導入したテレワークを一時的ではなく長期的な取り組みにするのであれば、あらためてテレワークのリスクを洗い出す必要があります。どのようなリスクがあるのでしょうか。(2021/1/12)

テレワーク主体の働き方ならなおさら
家電が消えても「会社の固定電話」が残る訳とは? 手放すメリットは?
携帯電話に移行し「家電」を持たなくなった人は少なくない。一方で企業の間では、いまだに固定電話が現役だ。企業に固定電話が残り続けるのはなぜなのか。手放すことでどのようなメリットがあるのだろうか。(2020/12/4)

オンラインのやりとりから知見を抽出
新常態で変わる営業 顧客の“機微”をデータでつかむ「攻めのIT」とは
ニューノーマル(新常態)に大きな転換を余儀なくされるのは、営業やマーケティングなどの「対面が中心」だった業務だ。デジタル化の時代だからこそ培える、顧客に適切な対応を返す力の秘密は、日常のやりとりの積み重ねにあった。(2020/12/8)

ニューノーマル時代のデータの守り方
どこで分かれる? 災害やサイバー攻撃で「データを喪失するか、復旧できるか」
突然やってくる自然災害や感染症による都市やオフィスの機能停滞、そこを狙うサイバー攻撃による被害を未然に防ぐことは困難だ。事業継続計画(BCP)の重要性を見直し、「いかに早く、いかに小さな被害で復旧できるか」に注力するときだ。(2020/12/8)

激変するビジネス環境とサイバー攻撃
セキュリティのトップランナーが語る「今、企業に必要な意識変革」とは
疫病の流行により、ビジネスやワークスタイルなど企業を取り巻く環境は大きく変わった。周りの変化を追うかのように、サイバー攻撃手法も変わり続けている。今まさにセキュリティに対する意識変革が求められている。(2020/12/7)

TechTarget発 世界のITニュース
Cisco、2021年度第2四半期売上予測は前向き 第1四半期から改善の見込み
2021年度第1四半期の売上高が前年同期比9%減少したCisco Systems。ただし同第2四半期での改善を控えめながら楽観視している。(2020/12/2)

テレワーク中のPCをどう守るか:
ADユーザー必見、PC認証セキュリティと利便性の向上をまとめて実現する方法
テレワークをはじめとした新しい働き方が広まる中、PC認証のセキュリティ強化を検討する企業も少なくない。生体認証や二要素認証の活用を模索する一方、情報システム部門の運用負荷、従業員の利便性を損なわない手法が求められる。(2020/12/2)

Computer Weekly製品ガイド
予想的セキュリティの可能性と実現への壁
AI(人工知能)は、予測的なセキュリティ対策や自動対応を実現できるといわれる。そうした見方がどの程度正確なのかを検証する。(2020/12/2)

コロナ禍で進化するウェアラブルデバイス【第2回】
「Amazon Halo」のすごさとは? 電子カルテとの連携がもたらすインパクト
ヘルスケア用ウェアラブルデバイス市場にAmazon.comの「Amazon Halo」が新たに登場した。Amazon Haloがもたらす価値とは何か。同社はどのような戦略でヘルスケア分野に参入したのか。専門家の見解は。(2020/12/1)

「何となく感じる不安」を放置しても大丈夫か
急ごしらえのテレワーク、長期化に伴うセキュリティリスクを数値化するには
新型コロナウイルス感染症対策の一環として急きょテレワーク環境を導入した企業は珍しくない。だが、これほど長期にわたって、大規模にテレワークが導入されることまでは想定していなかっただろう。そこにさまざまな課題が生じている。(2020/11/30)

「フェデレーテッドラーニング」が医療にもたらす可能性【前編】
「フェデレーテッドラーニング」(連合学習)が医療AI開発の在り方を変える?
世界20施設の医療機関が共同で、新型コロナウイルス感染症患者の酸素投与の必要性を予測するAIモデルを開発した。研究の鍵となった技術が「フェデレーテッドラーニング」(連合学習)だ。その可能性とは。(2020/11/30)

「事業貢献度」の見える化でチームを一つに
伊勢の老舗食堂ゑびや大食堂の新しいデジタル変革の挑戦を支えたものとは
三重県伊勢市の老舗食堂「ゑびや大食堂」は生き残りをかけて自社ビジネスの変革に取り組んだ。ITを使い、社内外の関係者の力を結集することで実現したゑびやのDXを支えた仕組みとは何だったのか。(2020/11/30)