2011年07月29日 18時30分 UPDATE
特集/連載

Chrome、Firefox、Safari、Operaが惨敗対ソーシャルエンジニアリング攻撃機能、IE 9が競合ブラウザに圧勝

IE、Chrome、Firefox、Safari、Operaのセキュリティ機能を第三者機関NSS Labsが徹底検証。その結果、意外にも(?)IE 9が大差をつけて圧勝。なぜこれほど差がついたのだろうか?

[Robert Westervelt,TechTarget]

 独立系のセキュリティ調査企業、米NSS Labsによると、米MicrosoftのInternet Explorer(IE) 9はソーシャルエンジニアリング攻撃を防ぐセキュリティ機能において、競合する米GoogleのGoogle Chrome、MozillaのFirefox、米AppleのSafariのいずれのWebブラウザに比べても群を抜いているという。

 NSS Labsは、欧州のユーザーを標的とした一連のマルウェアURLをどの程度遮断できるかについて、主要Webブラウザを比較検証した。その結果、IE 8の遮断率は90%に達し、最新版であるIE 9はアプリケーションフィルタ機能を有効にした場合で遮断率100%を達成した。

参考ホワイトペーパー

以下のホワイトペーパーでは、本文にて調査を担当したNSS Labsが10社のセキュリティ製品をテスト。ソーシャルエンジニアリングを悪用した不正プログラムに対する防御機能や所要時間を検証している。


 「ソーシャルエンジニアリング型のマルウェアに対する防御はIE 9が突出して最高だった。Microsoftの新しいアプリケーションレピュテーション技術はどれだけ強調しても言い足りない」。NSS LabsはWebブラウザセキュリティ報告書でこう述べている。

ITmedia マーケティング新着記事

news150.jpg

300を超える大手メディアから配信先を選定可能、マイクロアド子会社が新たな動画広告配信サービスを開始
マイクロアドの子会社であるエンハンスは、動画広告配信サービス「Enhance Locus」の提供...

news149.jpg

Tableau 2019.1が自然言語処理によるデータ分析機能を搭載
Tableau SoftwareはTableau最新バージョンとなる「Tableau 2019.1」をリリースした。主な...

news123.jpg

ヤフー、YDNに新メニュー「動的ディスプレイ広告(Dynamic Ads for Display)」を追加
ヤフーは「動的ディスプレイ広告(Dynamic Ads for Display)」の提供を開始した。