結局、人工知能(AI)技術は何を可能にするのか?上手にAIと付き合うには

職場へのAI技術の導入に失敗しないためには、現在のAIが可能なことと不可能なことを把握しなければならない。本稿ではAI技術の得意分野と、AI技術を利用した最新ソフトウェアについてまとめる。

2019年03月06日 05時00分 公開
[David PeterssonTechTarget]

関連キーワード

機械学習 | 技術解説


photo

 生活の中に人工知能(AI)技術が寄り添う場面がますます増えている。信じられないなら、Amazonの「Alexa」に聞いてみるとよい。

 人間や機械が生み出す大量のデータは、AIシステムの優れたトレーニングツールになる。未熟なAIシステムは、トレーニングによって一流のパターン検出システムへと変わる。現状のAI技術では、次のようなことが可能になる。

  • 顔の認識
  • 物体の認識
  • 悪意のある行動の認識
  • 言語パターンの認識と翻訳での使用
  • 画像の操作

 今後AI技術は、これまで人間がしてきたことをさらに多くできるようになる。

 ただしビジネスへのAI技術の導入を考えている最高情報責任者(CIO)やビジネスリーダーは、AI技術が可能にすることとそうでないことを理解する必要がある。理解が足りないと、非現実的な期待を抱き、検討不足の目標に時間と予算を浪費することになる。本来なら膨大な労力を必要とするタスクを自動化する機会も逃すだろう。

 本稿では、AI技術が役立つ業務分野を確認しながら、AI技術のビジネス活用について考える。企業の業務課題を解決するAIソフトウェアの例も幾つか紹介する。

AI技術が役立つ分野:統計や予測

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...