2019年01月21日 05時00分 公開
特集/連載

AIフィーバーはまだ冷めない 次はどの分野でAIが活躍するか?AWSやMicrosoftの戦略から見えるもの

2019年は人工知能(AI)技術にとって大きな年になりそうだ。仮想アシスタントの普及や、活発なベンチャーキャピタル投資といったトレンドが続き、新たな流れも生まれるからだ。

[Kathleen Walch,TechTarget]

関連キーワード

CIO | 機械学習


画像

 2018年は、人工知能(AI)技術にとってもAI企業にとっても輝かしい年だった。世界の国々がAI戦略を導入し、AIに特化したスタートアップ(新興企業)へのベンチャーキャピタル投資が活況を呈し、あらゆる業種がAI技術の恩恵を受けた。

 2019年もAIの導入が鈍化する兆しはなく、多くの点で、2018年に見られたトレンドがさらに勢いを増しそうだ。だが本稿では、2018年からの流れが進むとの見通しを示すだけでなく、AIが2019年にどのような分野で躍進するかについて幾つかの予想を述べる。

AIアシスタントが企業に定着

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...