TechTargetジャパン

レポート
個人情報流出件数が多い業界ランキング、セキュリティ脅威の傾向と対策
 サイバー犯罪の手口の巧妙化が進む中、情報セキュリティ技術とのイタチごっこが続いている。個人を狙ったフィッシングから、組織を狙って巧妙に仕掛けられる標的型攻撃、さらにはIoTデバイスへの攻撃まで、攻撃者は価値のある情報や金銭を得られそうな対象であれば何で...(2016/11/10 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
5億5200万件の個人情報が流出──2014年版「Webサイトセキュリティ脅威レポート」
 このホワイトペーパーは、シマンテックが毎年発行している『Webサイトセキュリティ脅威レポート』の2014年版である。「2013年のセキュリティタイムライン」「数字で見る2013年」といった独自の視点のレポートをはじめ、2013年のWebサイトセキュリティ脅威に関する以下の...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
巧妙化するソーシャルメディア詐欺から身を守る方法
 不特定多数にメッセージを送信し、個人情報や重要情報を盗み出して悪用するオンライン詐欺の報告が増えている。その手口としても、従来のメールを用いたフィッシングに加え、ソーシャルメディアを悪用するものが増えてきた。 特に目立つのはFacebookやTwitterの投稿か...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
Office 365やGoogle Appsのセキュリティを補完――クラウドサービスのメールセキュリティ対策
 サイバー攻撃が日々巧妙化する中、クラウドベースのメールサービスに関しても、そのセキュリティを疑問視する声が聞かれるようになった。ベンダー各社は、マルウェア対策とデータ漏えい防止の機能が備わっているというが、実際のところ、それらは十分な対策となり得るの...(2016/5/23 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
“前科”のあるアクセスは遮断、誤検知なしの通信ブロックで監視と追跡の負荷を削減
 サイバー攻撃からネットワークを保護するため、さまざまなソリューションを複合的に導入している企業は多い。しかしそのことで、コストをはじめ、処理要件、セキュリティアラート数が増加し、その結果、セキュリティチームのアラート対応および運用負荷が大幅に上昇して...(2016/1/12 提供:イクシアコミュニケーションズ株式会社)

レポート
ネット犯罪動向最新レポート「オンライン詐欺編」
 「ネット詐欺をお考えの皆さん。詐欺行為に必要な道具ひと揃い、お売りします……」 現実世界では考えられないこんな誘いもまかり通るであろう、ネット犯罪者向け「闇市場」。ニセサイトで悪事を働く犯罪者向けに「フィッシングキット」が流通し、パッケージ化されたSa...(2015/9/24 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
ID/パスワード入力の手間いらずで不正アクセスや情報漏えいを防止、電子証明書による認証フローのメリット
 メールやファイルのやりとりで、悪意のある第三者がなりすましや盗聴技術を用いて機密情報を詐取する事件が多発している。これらの攻撃を防御するためID/パスワードによる認証フローを用意するケースが多い。しかし、一般業務に対してこうした厳格なルールを徹底すれば...(2015/9/11 提供:GMOグローバルサイン株式会社)

レポート
Heartbleed脆弱性は発覚から4時間で悪用された?──2015年版最新脅威レポート
 インターネット上の脅威は変化を続けている。2014年は「攻撃が高速化する一方、防御が追い付いていない」傾向が見られた。例えば、Heartbleed脆弱性が明らかになってから、4時間以内に脆弱性を悪用する多数の攻撃が確認されている。また、「攻撃方法が効率化・高度化し...(2015/7/23 提供:株式会社シマンテック)

講演資料
Webサイトが改ざんされた! そのとき、企業が迅速に取るべき8つの行動とは
 企業のWebサイトが狙われている。2013年に年間7000件を超える被害が報告され、2014年も毎月400件のペースで被害が報告されている。企業のWebサイトが改ざんされると、個人情報が流出したり、フィッシング詐欺の道具に利用され、最大の被害者はその企業の顧客になる。 ...(2015/1/6 提供:デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社)

レポート
5億5200万件の個人情報が流出──2014年版「Webサイトセキュリティ脅威レポート」
 このホワイトペーパーは、シマンテックが毎年発行している『Webサイトセキュリティ脅威レポート』の2014年版である。「2013年のセキュリティタイムライン」「数字で見る2013年」といった独自の視点のレポートをはじめ、2013年のWebサイトセキュリティ脅威に関する以下の...(2015/1/5 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
1回のデータ侵害で平均218万件が流出──2014年版インターネットセキュリティ脅威レポート
 2013年のデータ侵害の総件数は253件、流出した個人情報の総件数は5億5200万件、1回のデータ侵害で流出した個人情報の平均件数は約218万件で前年比261%増──シマンテックが毎年発行している「インターネットセキュリティ脅威レポート」の2014年版によるものだ。標的型...(2014/11/28 提供:株式会社シマンテック)

講演資料
クラウドやBYODなど最新テクノロジーに伴うアクセスセキュリティ3つの課題と解決策
 企業におけるコスト削減や利便性の追求は、IT担当者にとって必ずしも歓迎すべきことばかりではない。これらトレンドテクノロジーの導入で、IT担当者はアクセスセキュリティに関する3つの課題に頭を悩ませることになる。 1つはITコストの削減によるクラウドやSaaS利用で...(2014/11/7 提供:EMCジャパン株式会社)

レポート
ネット犯罪動向最新レポート「オンライン詐欺編」
 「ネット詐欺をお考えの皆さん。詐欺行為に必要な道具ひと揃い、お売りします……」 現実世界では考えられないこんな誘いもまかり通るであろう、ネット犯罪者向け「闇市場」。ニセサイトで悪事を働く犯罪者向けに「フィッシングキット」が流通し、パッケージ化されたSa...(2014/10/1 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
ビッグデータの統計・解析手法の活用でWebサービスをサイバー攻撃から守る
 ユーザーにとって使いやすく便利な操作性を備えたクラウドベースやモバイルベースのサービスは、サイバー犯罪者にとっても同様だ。そのため、Webサービスに対する攻撃は、増える一方だ。DDos攻撃、マルウェア、フィッシング、ビジネスロジックの悪用など多種多様で、一...(2014/9/12 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
パスワード漏えいでスパム配信の“踏み台”にならないための防衛策
 標的型攻撃やフィッシング詐欺など、パスワード漏えい事件が多発しており、メールサーバも例外ではない。その結果、外部、特に海外のIPからのメールアカウントへの不正アクセスにより、スパムの発信元として利用され、知らないうちに自分のMTA(Mail Transfer Agent)が...(2014/7/22 提供:ディープソフト株式会社)

Webキャスト
現代のリモートアクセスセキュリティ強化の最適解とは
 ワークスタイルの変化は、モバイルデバイスの活用を後押ししている。リモートアクセスの方法もVPNに加え、仮想サーバ、アプリサーバなどへのアクセスが増え、複合的に使用されるようになってきた。これに伴い脆弱なアクセスセキュリティが懸念材料となっている。これま...(2014/7/10 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
5大Webサイト攻撃を総まとめ そして今必要な対策とは?
 2013年度は、多くのWebサイトへの攻撃が発生し、個人情報が漏えいしたり、Webサイトに訪問しただけでマルウェアに感染したりと、被害が増大した。このような被害を受けた場合、「損害賠償」「調査・対策費用」「風評被害」など、平均1〜2億円の被害が出ていることが分か...(2014/7/4 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
ユーザーの行動プロファイルを自己学習して不正利用を検出
 オンラインサービスにおける攻撃や不正取引は、より複雑になり増加する一方だ。攻撃や不正取引の手口は、DDoS、フィッシング、トロイの木馬、アカウントの不正利用(なりすまし)などさまざまで、新しい手口の発見が困難なだけでなく、旧来の手口も発見に時間がかかり...(2014/6/5 提供:EMCジャパン株式会社)

Webキャスト
6分で徹底解説! オンライン犯罪の傾向と対策
 インターネットの普及は、われわれの生活を便利にしたが、犯罪者にとっても同様のことがいえる。警察庁によると2013年度の詐欺行為、不正行為による送金は14億円超に上るという。詐欺につながるオンライン不正行為として、フィッシング、トロイの木馬、不正モバイルアプ...(2014/4/30 提供:EMCジャパン株式会社)

レポート
ネット犯罪動向最新レポート「オンライン詐欺編」
 「ネット詐欺をお考えの皆さん。詐欺行為に必要な道具ひと揃い、お売りします……」 現実世界では考えられないこんな誘いもまかり通るであろう、ネット犯罪者向け「闇市場」。ニセサイトで悪事を働く犯罪者向けに「フィッシングキット」が流通し、パッケージ化されたSa...(2014/1/7 提供:日本ベリサイン株式会社)

講演資料
スマートデバイスに潜む情報漏えい要因を整理、業務効率とセキュリティの両立方法
 スマートデバイスによるワークスタイルの変革が止まらない。メールやスケジュール管理といった単純な業務だけでなく、顧客管理や在庫管理、接客マニュアルなど、あらゆる業務にスマートデバイスを活用する企業が増えてきた。しかし、そこには「故意の情報持ち出し」や「...(2013/12/18 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
インターネットセキュリティ脅威レポート2013
【シマンテックインターネットセキュリティ脅威レポートとは】■高度なセキュリティ技術を元に脅威情報を検出し収集分析 シマンテックは世界最高レベルの統合性を誇る脆弱性データベースを運営しており、現在このデータベースには、16,687以上のベンダーが提供する43,391...(2013/5/30 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
顕在化した新たな脅威に対する徹底対策指南書「情報セキュリティハンドブック」2013年版
 衆参両院システムに対するサイバー攻撃とID・パスワード漏えいをはじめとして、各省庁におけるマルウェア感染など、衝撃的な事実が白日の下にさらされ、国家安全保障の観点から大きな懸念が噴出した。また、企業も標的型攻撃の脅威にさらされ続けている。2012年、国際的...(2013/5/1 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
インターネット詐欺の手口を公開──ますます巧妙化するフィッシングの手口
 日々何げなく利用しているオンラインバンキング。しかし、個人ユーザーを狙った詐欺行為であるフィッシングの手口は、ますます巧妙化している。 本ホワイトペーパでは、巧妙化するフィッシングの手口を簡単な図を使って解説し、「ブラウザの脆弱性」「悪質なブラウザプ...(2013/2/5 提供:ウェブルート株式会社)

製品資料
情報セキュリティハンドブック 2012
 2011年、衆参両院システムに対するサイバー攻撃とID・パスワード漏えいをはじめとして、各省庁におけるマルウエア感染等、衝撃的な事実が白日の下にさらされ、国家安全保障の観点から大きな懸念が噴出した。また、企業も標的型攻撃の脅威にさらされ続けている。2012年...(2012/8/16 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
インターネットセキュリティ脅威レポート
 シマンテックは、自社のデータソースを活用し、攻撃活動や悪質なコードの活動、フィッシング、スパムにおける新たな傾向を特定、分析、および解説している。 今回は通常の慢性的な問題とは異なる、標的型攻撃、政治的動機を持つハクティビストの攻撃、データ侵害、認証...(2012/7/31 提供:シマンテックドットクラウド)

レポート
インターネットセキュリティ脅威レポート
 シマンテックは、自社のデータソースを活用し、攻撃活動や悪質なコードの活動、フィッシング、スパムにおける新たな傾向を特定、分析、および解説している。 今回はモバイルの脅威、ソーシャルネットワーキング内の危険、標的型攻撃など新たなトピックが話題になった20...(2012/7/17 提供:シマンテックドットクラウド)

Webキャスト
企業を脅かすメールのセキュリティリスク、クラウドが有効な理由とは?
 メールセキュリティはこれまで、ウイルス・スパム、フィッシング対策など、インターネット側からの受信メールに関連した脅威に目が向けられがちだったが、昨今、宛先間違いや添付ファイルの付け間違いによる情報漏えい(誤送信)といった、人的ミスによるメール送信に関...(2011/10/18 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

製品資料
機密情報が流出するシステムにおける6つの脆弱性
 企業が保有する個人情報などの機密情報の流出事件が後を絶たない。JNSA(日本ネットワークセキュリティ協会)の調査報告によると、特に大量の個人情報が漏えいする事件の場合、内部関係者による不正な情報窃取が多いという。企業システムには外部からの不正侵入を防ぐだ...(2011/9/13 提供:日本オラクル株式会社)

Webキャスト
クラウドサービスで防ぐ! 企業を脅かすメールのセキュリティリスク
 電子メールのセキュリティはこれまで、ウイルス・スパム、フィッシング対策など、インターネット側からの受信メールに関連した脅威に目が向けられがちだったが、近年は宛先間違いや添付ファイルの付け間違いによる情報漏えい(誤送信)といった、人的ミスによるメール送...(2011/8/1 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

Loading