「QRコード読み取り」でまさかの事態に クイッシングの“恐ろしい手口”とは?要注意の手口「クイッシング」とは【前編】

QRコードを悪用する「QRコードフィッシング」(通称:クイッシング)という攻撃が盛んだ。QRコード使用時には注意が求められる。どのような手口が目立っているのか。

2023年10月20日 05時00分 公開
[Alissa IreiTechTarget]

 セキュリティ専門家によると、「QRコードフィッシング」(通称:クイッシング)に注意が要る。さまざま場面でQRコードが使われるようになった今、活発化している攻撃だ。クイッシングはどのような手口なのか。

「QRコード読み取り」に潜む“わな”とは?

 クイッシングは、ユーザーにスマートフォンといったデバイスで偽のQRコードを読み取らせる攻撃だ。偽のQRコードはユーザーを悪意のあるWebサイトに誘導し、マルウェアをダウンロードさせたり、機密情報の入力を要求したりする。

 HPのマルウェアアナリスト、パトリック・シュレファー氏によると、同社はここ数カ月間、ほぼ毎日のようにクイッシング攻撃を観測している。「一連の攻撃は同じサイバー犯罪者グループによるものだとみられる」と同氏は述べる。この攻撃を発見したのは、似たようなWord文書が添付された不審なメールに気付いたのがきっかけだという。

 それぞれのWord文書には、中国語のテキストとQRコードが含まれていたとシュレファー氏は説明。送信元は中国財務省を装い、受取人に対して「政府による補助金を受けられる」と伝えていたという。HPによると、補助金を受け取るにはQRコードをスキャンし、名前やクレジットカード番号といった情報の入力が求められた。

 HPが発見した別のクイッシングでは、宅配業者を装ったメールがユーザーに届き、QRコードを使って支払いするように促されていたという。シュレファー氏によると、QRコードが悪用されるのは、PCと比べてフィッシング対策が弱い可能性があるスマートフォンを攻撃の対象にするためだ。クイッシングによって企業アカウントの認証情報を入手し、企業に大規模な攻撃が仕掛けられる可能もあると同氏は指摘する。

 セキュリティベンダーAbnormal Securityは、QRコードを使用してメールソフトウェアのセキュリティ機能を回避する攻撃を観測したという。通常、メールソフトウェアはメール内のURLをスキャンして不審なリンクを検出するが、QRコードのような画像情報はスキャンしない。


 中編は、クイッシング攻撃が活性化している背景を考える。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...