2023年10月20日 05時00分 公開
特集/連載

永続メモリ「Optane」は死んでいなかった? 「MS-SSD」が示した可能性とは研究開発で分かるSSDの挑戦【第3回】

Intelが提供していた永続メモリ「Intel Optane」のために、さまざまな技術が開発されていた。その取り組みは無駄ではなかった。Samsung Electronicsの「MS-SSD」が示した可能性とは。

[Jim HandyTechTarget]

関連キーワード

SSD | 半導体ストレージ | ストレージ


 メモリとストレージの双方の特徴を持つメモリ「永続メモリ」としては、Intelが提供していた「Intel Optane」(以下、Optane)がある。ストレージの業界団体Storage Networking Industry Association(SNIA)やさまざまなソフトウェアベンダーが、そうした永続メモリのためのさまざまな技術を開発してきた。

 その取り組みは無駄ではなかった。業界標準のインターコネクト(相互接続)規格「Compute Express Link」(CXL)の接続を採用したSSDを設計することで、Samsung ElectronicsはSSDをメモリとして使用する道を切り開いた。

「MS-SSD」が示した永続メモリへの道

 Samsung Electronicsが2022年に公開した、CXLを使用するSSD「メモリセマンティックSSD」(MS-SSD)は、永続メモリに新たな可能性を示した。例えばSNIAのプログラミングモデル「NVM Programming Model」(NPM)は、ソフトウェアがOptaneのために使用するプログラミングモデルとして開発されたものだった。それを、CXLを使用するNAND型フラッシュメモリ搭載SSDに活用するという新たな使途ができたのだ。

 ただしNAND型フラッシュメモリは、揮発性メモリの一種「DRAM」(Dynamic Random Access Memory)と比較するとデータ転送速度が遅い。Samsung ElectronicのMS-SSDの設計では、大容量DRAMを使用してSSDのデータを可能な限り多くキャッシュ(一時保管)している。同社が2022年に公開したMS-SSDの容量2TBのプロトタイプは、16GBものDRAMを搭載していた。こうした大容量のDRAMを搭載する設計は、おそらくCXL接続SSDの主流になる。Samsung Electronicsが公開したMS-SSDのベンチマークテストでは、既存のSSDに比べてランダムリード(不連続なデータの読み出し)性能を約1900%向上したという。

 Samsung Electronicsは、MS-SSDはサーバのメモリ2TB分の拡張メモリとして自身をホスト(CPU)に提示できると説明した。ただしMS-SSDの容量2TBの全てをメモリとしてマッピングする必要はない。MS-SSDは、同社が「Dual Mode」(デュアルモード)と呼称する機能を備えている。この機能により、CXLのプロトコルの一つ「CXL.mem」または「CXL.io」を使ってメモリ領域とSSD領域に分割できるからだ。

永続メモリの可能性

 MS-SSDの第1世代のプロトタイプは、永続メモリとして使うことを想定していない。つまり電源が失われた際は、16GBのDRAM全体を、SSD内のNAND型フラッシュメモリに書き込むまで動かし続ける対策が必要になる。大量のバッテリーなど、蓄電デバイスを用意しておく必要があるということだ。Samsung Electronicsは、MS-SSDの第2世代で永続メモリ化することを目標にしていた。

 CXL接続SSDが永続メモリとして市場に受け入れられるようになれば、ストレージ管理者の仕事は変化すると考えられる。これはOptaneが使われ出したときと同じだ。例えば、機密データはCXL接続SSDと従来型SSDの両方に存在する可能性があるため、データセキュリティへの配慮が必要になる。


 第4回は、キオクシアや韓国の研究機関において進む、CXL接続SSDの研究開発を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...