「Kubernetesクラスタ」運用の基礎解説 まずやるべき“大原則”とは?Rancher、OpenShift、Tanzuを比較【第1回】

企業によって「Kubernetes」クラスタの運用管理に求める要件は異なるものの、運用管理において実施すべき操作、考慮すべき原則は共通している。具体的に何をすべきなのか。

2023年10月19日 05時00分 公開
[Saqib JangTechTarget]

関連キーワード

OpenShift | SUSE | 運用管理 | 仮想環境 | 仮想化


 コンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」で効率的かつ大規模にコンテナクラスタ(Kubernetesクラスタ)を管理するには、自動化が重要なポイントとなる。そのために活用できるのが、Kubernetes運用管理ツールだ。

Kubernetesクラスタの運用管理に必要なこと

 Kubernetesクラスタの運用管理は、デプロイ(実行環境への配置)時の設定を効率化する手法とツールを使い、CPUやネットワークなどのリソースの利用率、通信速度といったパフォーマンスのレベルを監視する。これにより、必要に応じてスケーリングできる体制を整える。デプロイ後に、Kubernetesクラスタの可用性とのレジリエンス(回復力)を確保するために、適切なインフラを選択することも重要だ。

 このように複雑なKubernetesクラスタを効果的に管理するには何をすべきか。以下で基本的な幾つかの原則を紹介する。

Kubernetesクラスタの準備と管理における原則

 Kubernetesクラスタをセットアップする前に適切なハードウェアやインフラを選び、デプロイ以降の段階で可用性を維持できるようにする。システムを適切に構成して、冗長性を確保することが重要だ。

アプリケーションの展開と管理における原則

 アプリケーションをKubernetesクラスタに展開した後は、必要に応じてアップグレードやロールバックを実行する。自社の要件に合ったパフォーマンスレベルを確保するために、アプリケーションのライフサイクル全体を管理しなければならない。

 Kubernetesを使用してインフラを効果的に管理するには、運用管理計画における3つの中核領域に注力する必要がある。

領域1.監視とロギング

 監視とロギングでは、Kubernetesクラスタの健全性とパフォーマンスを綿密に監視する。それにより、システムに悪影響を及ぼし得る問題を見つけ出すためのメトリクス(指標)とログを分析する。問題を早期発見することで、大きな問題に発展する前に対処できる可能性がある。

領域2.スケーラビリティ(拡張性)とオートスケーリング

 アプリケーションは時間の経過とともに拡大するため、スケーラビリティも重要な鍵となる。自動スケーリングツールを使用して、自動的に必要なリソースを割り当て、コストを掛け過ぎずにパフォーマンスを最適化することが、効果的な運用管理につながる。

領域3.セキュリティとアクセス制御

 Kubernetesクラスタの運用管理戦略には、セキュリティとアクセス制御が欠かせない。具体的には以下の項目を実行するとよい。

  • セキュリティとアクセス制御に関するポリシーの策定
  • コンテナを実行するための物理サーバまたは仮想マシンである「ノード」と、コンテナを管理する最小単位である「Pod」(ポッド)間の通信の保護
  • 認証情報の管理
  • パッチの適用などセキュリティの一般的なベストプラクティスの順守

 次回は、Kubernetesクラスタの運用管理ツールを比較する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...