NFT詐欺師が悪用するだましのテクニック「ラグプル」とは?NFT攻撃「8つの手口」と「8つの対策」【第2回】

「NFT」(非代替性トークン)を狙った攻撃が活発になる中、NFT防御策の強化が急務になっている。NFT攻撃の手口とは、どのようなものなのか。幾つかの具体例を取り上げる。

2023年01月26日 08時15分 公開
[Amanda HetlerTechTarget]

 代替できないデジタルデータである「NFT」(Non Fungible Token:非代替性トークン)を狙った主な攻撃は、企業や一般消費者から直接お金をだまし取るか、デジタルウォレット(電子決済用ソフトウェア)にアクセスするための認証情報を盗むかのどちらかだ。企業や一般消費者は攻撃された後、お金を取り戻すことは困難だとみられる。そのため、被害に遭わないための注意が必要だ。よくあるNFT攻撃の手口は8つある。

1.ラグプル

 1つ目は「ラグプル」(出口詐欺)だ。ラグプルでは、攻撃者は偽のNFTアート(NFTを使ったデジタルアート作品)を宣伝し、「購入すれば必ずもうかる」と約束して実際の価値より高い値段で購入を促す。基本的には、宣伝の場として使うのはソーシャルメディアだ。攻撃者は購入済みのト作品に対して、購入後の売却ができない設定をしていることがある。

2.フィッシング

 「フィッシング」は新しい攻撃手法ではないが、成功率の高さから攻撃者に定評がある。フィッシングの大半は、偽の広告やメールで偽のWebサイトに誘導するのが出発点だ。偽のWebサイトは、企業や一般消費者のデジタルウォレットにアクセスするための秘密鍵を要求する。攻撃者はデジタルウォレットへの不正アクセスによって暗号資産(仮想通貨)やNFTアートの盗難を狙う。


 第3回は、NFTを狙った8つの攻撃手法のうち、3つ目から5つ目を取り上げる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...