2023年01月25日 05時00分 公開
特集/連載

脆弱性診断ツールを比較 無料の「OpenVAS」とWeb特化の「Burp Suite」とは?使える脆弱性診断ツール5選【第2回】

システムに存在する脆弱性は「脆弱性診断」ツールを使うことで見つけやすくなる可能性がある。主要な脆弱性診断ツール「Open VAS」「Burp Suite」の特徴とは。

[Karen ScarfoneTechTarget]

関連キーワード

脆弱性 | セキュリティ


 セキュリティチームは「脆弱(ぜいじゃく)性診断」ツールを活用することで、業務システムに潜む脆弱性や設定ミスを手早く発見しやすくなる。主な脆弱性診断ツールを取り上げる本連載。第2回は、2つ目と3つ目のツールを紹介する。

2.Open VAS

 「OpenVAS」は、脆弱性管理サービスベンダーGreenbone Networksと、研究者や開発者のコミュニティーが主導するオープンソースの脆弱性診断ツールだ。2006年、Greenbone Networksは当時オープンソースだった脆弱性診断ツール「Nessus」のソースコードをベースに、OpenVASを開発した。

 OpenVASは、機器で稼働するソフトウェア内の脆弱性を特定するために、Nessusと同様の診断機能に加え、独自の機能を提供する。無償で利用可能だ。

3.Burp Suite

 「Burp Suite」は、WebサイトやWebアプリケーションの脆弱性診断を専門とするベンダーPortSwiggerの脆弱性診断ツールだ。潜在的な脆弱性を特定するための、静的および動的テストを実行できる。WebサイトやWebアプリケーションに対して、頻繁かつ定期的にテストを実行する仕組みを持つ。

 Burp Suiteには無償版の「Burp Suite Community Edition」がある。有償版は「Burp Suite Professional」と、より上位版の「Burp Suite Enterprise Edition」から選択可能だ。


 第3回は、4つ目と5つ目の脆弱性診断ツールを紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...

news054.jpg

サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率...

news044.jpg

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピ...