ChatGPTが悪用されて「見破れない詐欺メール」が続出する未来ChatGPTが犯罪に使われるリスク【後編】

ユーロポール(欧州刑事警察機構)が、「ChatGPT」の中核要素である大規模言語モデル(LLM)が犯罪で悪用される可能性について勧告。これを受け、専門家は「ChatGPTが悪用されるリスク」をどう見るか。

2023年06月23日 05時15分 公開
[Alex ScroxtonTechTarget]

関連キーワード

人工知能


 OpenAIの「ChatGPT」やGoogleの「Bard」など、大規模言語モデル(LLM)を利用したAI(人工知能)チャットbotが急速に普及している。この状況を受けてユーロポール(欧州刑事警察機構)は、LLMが犯罪者に悪用される可能性を検証した報告書「ChatGPT - the impact of Large Language Models on Law Enforcement」を2023年3月に公開。法執行機関に対処を促した。サイバーセキュリティの専門家は、ユーロポールの勧告をどう受け止め、サイバー犯罪の今後をどうみるのか。

ChatGPTが悪用されれば、詐欺メールはもう見分けられない

 アクセス管理ツールベンダーMyCena(Mycena Security Solutionsの名称で事業展開)のCEO、ジュリア・オトゥール氏は「ユーロポールがChatGPTに関連したリスクを警告したのは驚くべきことではない」と語る。犯罪者から見れば、ChatGPTはフィッシング詐欺の世界を改革するツールと言える。

 ChatGPTを使用すると、言語や文化の壁がなくなる。犯罪者はChatGPTを使って、組織やイベント、協力企業に関する情報を驚異的なスピードで収集できるようになる。その情報を基に、犯罪者はChatGPTを使って信ぴょう性のある詐欺メールを作成できる。銀行、CEO、取引先をかたる偽物からメールを受け取ったとき、そのメールが偽物であることを示す「文章の不自然さ」はほとんど感じられないはずだ。

 オトゥール氏はこう強調する。「ChatGPTが生成したフィッシングメールを見破るのは非常に困難だ。だからこそ危険なのだ。銀行振り込みをすべき理由を読んでも、文面からこのメールが詐欺であることを示唆するものがないのだから」

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。