英国ボート競技チームが「SAS」と「エルゴ」で実現した“勘と経験”からの脱却「データ分析」をボート競技に生かす【前編】

新型コロナウイルス感染症のためリモートで練習するしかなかった英国ボート競技チームは、2021年の東京五輪に向けた選手のトレーニングプログラム策定と選手選定に、データを積極的に活用した。その中身とは。

2021年08月02日 05時00分 公開
[Eric AvidonTechTarget]

関連キーワード

データ分析


 英国のボート競技チームは2021年開催の「2020年東京オリンピック競技大会」(以下、東京五輪)で実力を最大限発揮できるようにするため、SAS Instituteのデータ分析ツールを活用した。同チームのパフォーマンス担当ディレクター、ブレンダン・パーセル氏によると、SASのデータ分析ツールはトレーニング計画とモニタリングの両面で重要なツールだった。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)でチームメンバーが集まることが難しかったためだ。

英国チームが実践 「SAS」と「エルゴ」によるデータ活用法とは

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「広告のムダ打ち」はなぜなくならない? アドフラウド以外に考慮すべき3つの視点
「アドフラウド」以外に、広告が届けたい相手にきちんと届くようにするために留意すべき...

news014.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年5月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news129.jpg

SNSアカウントのビジネス貢献を明らかにするための調査サービス テテマーチが提供
フォロワーの属性や状態を明確に把握し、彼らの態度や行動を変容させるためにSNSがどう寄...