2021年08月02日 05時00分 公開
特集/連載

英国ボート競技チームが「SAS」と「エルゴ」で実現した“勘と経験”からの脱却「データ分析」をボート競技に生かす【前編】

新型コロナウイルス感染症のためリモートで練習するしかなかった英国ボート競技チームは、2021年の東京五輪に向けた選手のトレーニングプログラム策定と選手選定に、データを積極的に活用した。その中身とは。

[Eric Avidon,TechTarget]

関連キーワード

データ分析


 英国のボート競技チームは2021年開催の「2020年東京オリンピック競技大会」(以下、東京五輪)で実力を最大限発揮できるようにするため、SAS Instituteのデータ分析ツールを活用した。同チームのパフォーマンス担当ディレクター、ブレンダン・パーセル氏によると、SASのデータ分析ツールはトレーニング計画とモニタリングの両面で重要なツールだった。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)でチームメンバーが集まることが難しかったためだ。

 パーセル氏は2020年5月、SASが開催したユーザー企業向けバーチャルカンファレンス「SAS Global Forum」の基調講演に登壇した。2020年のボート競技シーズンは新型コロナウイルス感染症の影響で、東京五輪も含めて「全て白紙になった」(同氏)。そのため英国ボート競技チームは、東京五輪開催の2021年にピークを合わせるためのトレーニング方法を考える必要があった。

英国チームが実践 「SAS」と「エルゴ」によるデータ活用法とは

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...