2021年08月02日 05時00分 公開
特集/連載

オンライン注文を1カ月半で実現 小売チェーンがコロナ禍で進めた大改革とは米国3社の事例に学ぶパンデミック後のCX【中編】

2020年にオンライン注文と店舗受け取りのシステムを急きょ立ち上げた小売チェーンのGiant Eagle。同社はどのようにシステムの構築を進めたのか。2021年における同社の課題とは。

[Don Fluckinger,TechTarget]

関連キーワード

顧客満足


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)後にカスタマーエクスペリエンス(CX)関連製品の見直しを始める企業は、デジタルCX(デジタルチャネルにおけるCX)を念頭に置いてベンダーを選定する必要がある。CXコンサルティング会社ONRのCEO、ジェイソン・テンパウ氏は、パンデミック後の経済で成功するにはプロセスのデジタル化だけでは不十分だと主張する。

 テンパウ氏が2021年にさまざまな規模の企業のCX責任者1000人を対象に実施した調査によると、デジタルチャネルの開設によって売り上げが増加したブランドは半数だった。プロセスのデジタル化とともにデジタルCXも検討するブランドは、さらに大きなメリットを得る可能性が高いという。「デジタル化は目的であってはならない。CX改善も併せて実施しなければ、引き寄せた顧客を長期的に維持することができない」とテンパウ氏は語る。

 Giant Eagleは、米国中西部に474店舗を展開するスーパーマーケットとコンビニエンスストアのチェーンだ。同社は2019年にデジタルCXの見直しを始めた。まずオンライン注文システムを一から構築した。そのどちらにもmParticleのCDP(顧客データプラットフォーム)と、新しいパーソナライゼーションエンジンを採用した。これにより、例えば「菜食主義の顧客にはステーキのクーポンを送付しない」といった具合に、顧客の好みに合わせてお薦め品を並べ替えることができる。

 コロナ禍の初期、Giant Eagleはオンラインで注文した商品を店舗で受け取るカーブサイドピックアップサービスを提供する必要に迫られた。同社のWebサイトへのアクセス数は、2020年の最初の6週間で2019年の年間合計を超えた。何もかもが一挙に過熱した。

レガシーシステムでは無理――「1カ月半で新システム稼働」の裏側

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。