オンライン注文を1カ月半で実現 小売チェーンがコロナ禍で進めた大改革とは米国3社の事例に学ぶパンデミック後のCX【中編】

2020年にオンライン注文と店舗受け取りのシステムを急きょ立ち上げた小売チェーンのGiant Eagle。同社はどのようにシステムの構築を進めたのか。2021年における同社の課題とは。

2021年08月02日 05時00分 公開
[Don FluckingerTechTarget]

関連キーワード

顧客満足


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)後にカスタマーエクスペリエンス(CX)関連製品の見直しを始める企業は、デジタルCX(デジタルチャネルにおけるCX)を念頭に置いてベンダーを選定する必要がある。CXコンサルティング会社ONRのCEO、ジェイソン・テンパウ氏は、パンデミック後の経済で成功するにはプロセスのデジタル化だけでは不十分だと主張する。

レガシーシステムでは無理――「1カ月半で新システム稼働」の裏側

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。