2021年08月01日 11時30分 公開
特集/連載

AppleへのEU警告が浮き彫りにした「App Store」の「情報の非対称性」問題とは?Apple「App Store」の“光と影”【第2回】

EU欧州委員会によるAppleへの警告は、「App Store」が抱える問題を浮き彫りにした。専門会は、App StoreにおけるAppleの慣行が「情報の非対称性」を招いていると指摘する。どういうことなのか。

[Makenzie Holland,TechTarget]

関連キーワード

Apple | Amazon | Facebook | Google


 欧州連合(EU)の欧州委員会は2021年4月、Appleに対して反トラスト法(独占禁止法)違反の疑いがあると警告する「意義告知書」を送付した。Appleの音楽サービス「Apple Music」と競合する音楽ストリーミングアプリケーションに対する、App Storeの2つの慣行(詳細は第1回「EUはなぜAppleに警告したのか? 『App Store』の“あの慣行”を問題視」を参照)を問題視した。

 音楽ストリーミングサービス運営のSpotifyが2019年、Appleが反トラスト法に違反しているとの申し立てをしたことが、今回の異議告知の発端だった。Appleを批判しているのはSpotifyだけではない。オンラインゲーム「Fortnite」を開発したEpic Gamesは2020年8月、同様の理由でAppleに対する反トラスト法違反訴訟を起こすと共に、アプリケーションストア「Google Play」の慣行をめぐってGoogleも提訴した。

専門家が問題視 App Storeの「情報の非対称性」とは

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2022年1月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news027.jpg

売り上げ1億ドル超えのメガヒットアプリ、2021年は233本 うち4分の3がゲーム
年間売り上げが100億ドルを超えるアプリが続出、世界の消費者から財布の中身と生活時間を...

news053.jpg

リアル行動ビッグデータを活用したイベント集客特化型デジタル広告 博展とunerryが提供
国内最大級のリアル行動データにより、精度の高いターゲティングを実現するデジタル広告。