“Windows 11のすごさ”より重要な「『Windows 10』はいつまで続くのか?」問題「Windows 11」の“企業用OS”としての存在意義【後編】

新機能をいち早く使うことよりも、いかに今のシステムを安定して動かすかが重要――。そう考える企業にとって「Windows 11」よりも気になるのが、「Windows 10」が今後どうなるかだ。その見通しは決して明るくない。

2021年07月31日 18時30分 公開
[Mike GleasonTechTarget]

 2021年6月にMicrosoftが発表した「Windows 11」は、ソフトウェア要件やハードウェア要件の不確かさから、企業の採用がすぐに進むとは考えにくい。企業が社内PCのOSをWindows 11にアップグレードする時期は、Microsoftがいつまで現行OSの「Windows 10」に新機能を追加するかによって左右される。

「Windows 11」より気になるのは「Windows 10」の“寿命”

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...