2021年06月14日 05時00分 公開
特集/連載

「世界的テニスプレイヤー」兼「経営者」の流儀 勝ちをつかむデータの力とは?テニス界のデータ活用【後編】

テニスのグランドスラムで7度優勝のビーナス・ウィリアムズ選手は、自分のファッションブランドを持つ一人の経営者でもある。アナリティクスの愛好家としても知られる彼女は、なぜデータの力を信じるのか。

[Eric Avidon,TechTarget]

関連キーワード

データ分析


 アナリティクスは、ビーナス・ウィリアムズ選手がポイントのコントロールを試みる際の判断を助ける。ウィリアムズ選手は2021年のオフシーズンに、サーブ(始球)後の最初のショット(打球)を分析してきたという。「さまざまなデータポイントがあるおかげで、コートですべきことに集中できる」と同選手は語る。

 十分な分析の末に試合に出場し、他のプレイヤーと相対すると「事前にこれから起きることを知っているような気分になる」とウィリアムズ選手は説明する。「そのことでさらに試合を有利に戦えるのは間違いない」

ビーナス・ウィリアムズ選手 写真 Oracleが開催したオンラインイベントでアナリティクスについて語るビーナス・ウィリアムズ選手(左)とOracleシニアバイスプレジデントのアシュレイ・ハート氏(撮影:米TechTarget)

「データの有無が勝敗を分ける」のはなぜなのか

 データという武器は、才能にほとんど差がないトップテニスプレイヤー同士の戦いの場で「大きな違いを生む可能性がある」とウィリアムズ選手は説明する。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。