2021年06月14日 05時00分 公開
特集/連載

「世界的テニスプレイヤー」兼「経営者」の流儀 勝ちをつかむデータの力とは?テニス界のデータ活用【後編】

テニスのグランドスラムで7度優勝のビーナス・ウィリアムズ選手は、自分のファッションブランドを持つ一人の経営者でもある。アナリティクスの愛好家としても知られる彼女は、なぜデータの力を信じるのか。

[Eric Avidon,TechTarget]

関連キーワード

データ分析


 アナリティクスは、ビーナス・ウィリアムズ選手がポイントのコントロールを試みる際の判断を助ける。ウィリアムズ選手は2021年のオフシーズンに、サーブ(始球)後の最初のショット(打球)を分析してきたという。「さまざまなデータポイントがあるおかげで、コートですべきことに集中できる」と同選手は語る。

 十分な分析の末に試合に出場し、他のプレイヤーと相対すると「事前にこれから起きることを知っているような気分になる」とウィリアムズ選手は説明する。「そのことでさらに試合を有利に戦えるのは間違いない」

ビーナス・ウィリアムズ選手 写真 Oracleが開催したオンラインイベントでアナリティクスについて語るビーナス・ウィリアムズ選手(左)とOracleシニアバイスプレジデントのアシュレイ・ハート氏(撮影:米TechTarget)

「データの有無が勝敗を分ける」のはなぜなのか

 データという武器は、才能にほとんど差がないトップテニスプレイヤー同士の戦いの場で「大きな違いを生む可能性がある」とウィリアムズ選手は説明する。

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...

news017.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2022年8月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news052.jpg

メタバースが新たな戦場? コカ・コーラとペプシのライバル関係のこれからを占う
長年の間ライバル関係にある2つのブランドが、メタバースにおいて新たな局面を迎えている...