2021年06月14日 05時00分 公開
特集/連載

ランサムウェア攻撃者はなぜ「オンラインストレージ」を狙う? 理由と対策は攻撃の成否を分ける2つの要素も紹介

ランサムウェア攻撃は進化を遂げ、オンラインストレージを標的にするようになった。そうしたランサムウェア攻撃が成功すれば、大きな被害をもたらしかねない。何に注意すれば被害を防ぐことができるのか。

[Brien Posey,TechTarget]

 ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)の脅威はあらゆる規模の企業に付きまとってきた。ファイル同期サービスなどのオンラインストレージの導入が進む中、企業はオンラインストレージがランサムウェア攻撃を受ける可能性を視野に入れなければならない。

 オンラインストレージにはさまざまな種類があり、それらを提供するベンダーもさまざまだ。異なる種類のオンラインストレージを複数提供しているベンダーもある。一部のベンダーはランサムウェアに対抗するためのセキュリティ対策を提供しているが、全てのベンダーにまたがる標準は存在しない。

ランサムウェア攻撃者がオンラインストレージを狙う“あの理由”

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...