2021年06月15日 05時00分 公開
特集/連載

Slackがもっと便利になる「通知設定」「Slackコネクト」「チャンネル管理」とはSlack導入を成功させる5つのポイント【後編】

Slack導入後の設定に一手間加えると、業務の効率が大きく変わる。外部組織との共同作業に役立つ機能や、通知・チャンネル管理のこつを紹介する。

[Irwin Lazar,TechTarget]

関連キーワード

コミュニケーション | Slack


 前編「Slack導入の成功企業になる『厳密なセキュリティ対策』だけではない条件とは?」に続き、後編となる本稿は、Slack Technologiesのビジネスチャットツール「Slack」の導入を成功に導く5つのポイントのうち3つ目から5つ目を紹介する。

ポイント3.仕事中のメンションに煩わされない通知設定を周知する

 Slackに限らず、ビジネスチャットツールの導入に当たって克服すべき最大級の問題は、誰かがチャンネル(話題単位の小グループ)に新しいメッセージを投稿するたび、常に仕事が中断される煩わしさにある。Slackのデフォルト設定では、

  • ダイレクトメッセージを受信したとき
  • チャンネルで自分宛てのメンション(言及)があったとき
  • 通知を受信する設定にしておいたキーワードを含むメッセージが投稿されたとき

のみ、エンドユーザーへの通知が届く。

 通知設定を変更して特定の時間や曜日だけに限定したり、サウンドや通知の出し方をカスタマイズしたりすることもできる。個人の通知設定をカスタマイズする方法をエンドユーザーに教えるための時間は必ず確保する必要がある。Slackを会社のカレンダーと連携させ、カレンダーの予定に基づいてステータスを自動的に設定できる機能の活用も検討するといい。

ポイント4.「Slackコネクト」を導入する

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。