2018年09月30日 05時00分 公開
特集/連載

ウィンブルドン選手権でも活躍、AIが735億ドルの北米スポーツ市場を支えるファン獲得にチャットbot活用など

人工知能(AI)の活用はスポーツの分野でも進んでいる。ファンとのつながりを強めたり、試合中の判定の精度を高めたりするのにAIが役立っている。

[Kathleen WalchTechTarget]

 プロスポーツは何百億ドルもの市場を持つ産業であり、チームやリーグにとってファンの確保は非常に重要だ。そのために人工知能(AI)を導入して新しいサービスを提供する動きが広がっている。

 コンサルティング会社のPwCは、2019年には北米のスポーツ市場だけでも735億ドルに成長すると予測している。スポーツやエンターテインメントのビジネスは好不況を問わずに安定した観客収入を見込めるが、そのためには常に新しい価値を提供する努力が必要だ。そこでAIの出番となる。

ファンとつながるチャットbot

 さまざまなスポーツにおいて、今いるファンをつなぎとめ、新しいファンを獲得することがいかに重要かという認識が高まってきた。そんな中、ファンの質問に答えたり、試合情報などを配信したりするチャットbotの活用が広がっている。ファンと1対1でやりとりする対話型インタフェースは、ファン一人一人にかけがえのない体験を提供できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news180.jpg

電通「2023年 日本の広告費」 総広告費、インターネット広告費は2年連続で過去最高に
電通が「2023年 日本の広告費」を発表しました。主なトピックスを抜粋して紹介します。

news041.jpg

2024年の広告業界大予測(無料eBook)
Forrester Researchは2024年を「大手メディアが活気を取り戻す瞬間」としています。マー...

news196.jpg

アニメ世界の「ワクドナルド」が公式に McDonald'sが日本人アーティストのAcky Bright氏と始めたこと
McDonald'sがアニメやマンガでよく描かれる「WcDonald's(ワクドナルド)」をオマージュ...