2018年09月30日 05時00分 公開
特集/連載

ウィンブルドン選手権でも活躍、AIが735億ドルの北米スポーツ市場を支えるファン獲得にチャットbot活用など

人工知能(AI)の活用はスポーツの分野でも進んでいる。ファンとのつながりを強めたり、試合中の判定の精度を高めたりするのにAIが役立っている。

[Kathleen Walch,TechTarget]

 プロスポーツは何百億ドルもの市場を持つ産業であり、チームやリーグにとってファンの確保は非常に重要だ。そのために人工知能(AI)を導入して新しいサービスを提供する動きが広がっている。

 コンサルティング会社のPwCは、2019年には北米のスポーツ市場だけでも735億ドルに成長すると予測している。スポーツやエンターテインメントのビジネスは好不況を問わずに安定した観客収入を見込めるが、そのためには常に新しい価値を提供する努力が必要だ。そこでAIの出番となる。

ファンとつながるチャットbot

 さまざまなスポーツにおいて、今いるファンをつなぎとめ、新しいファンを獲得することがいかに重要かという認識が高まってきた。そんな中、ファンの質問に答えたり、試合情報などを配信したりするチャットbotの活用が広がっている。ファンと1対1でやりとりする対話型インタフェースは、ファン一人一人にかけがえのない体験を提供できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。