2019年10月10日 05時00分 公開
特集/連載

ラグビー選手の脳振とうは「IoTマウスピース」と「SAP HANA」で防げるのか試合中のデータをリアルタイムで取得

ラグビーなどの激しいスポーツで、選手の命に関わる脳振とうをいかに防ぐか。「SAP HANA」をベースにした「PROTECHT」は、IoTマウスピースで取得したデータから頭部への衝撃を計測し、脳振とうの防止に役立てる。

[Jim O'Donnell,TechTarget]

 相手選手と直接ぶつかり合うフルコンタクトのスポーツでは、頭を強く打つことによって生じる脳振とうの問題に注目が集まっている。スポーツテクノロジー企業Sports & Wellbeing Analyticsが開発したアプリケーション「PROTECHT」(画面1)は、脳振とうを防ぎ、コンタクトスポーツの安全性を高めるのに役立つ可能性がある。

画面 画面1 PROTECHTはラグビー中に選手が受ける衝撃のデータを取り込み、分析できるようにする《クリックで拡大》

 PROTECHTはSAPのPaaS(Platform as a Service)である「SAP Cloud Platform」で動作するアプリケーションで、コンタクトスポーツにおける頭部への衝撃を計測するために開発された。インメモリーデータ処理システム「SAP HANA」をベースにしている。ラグビー用に作られたアプリケーションだが、英スウォンジーを拠点とするSports & Wellbeing AnalyticsのCEO、クリス・ターナー氏によると、アメリカンフットボール、総合格闘技、ホッケーなど、選手がマウスピースを使うスポーツならどのようなスポーツでも利用できる。

 現在、スウォンジーのプロラグビーチームOspreysがPROTECHTを使用している。

マウスピースからデータを取得、コートのすぐ横で分析

 PROTECHTは、マウスピースに埋め込んだIoT(モノのインターネット)センサーを利用して、トレーニング中や試合中にぶつかった選手のデータを取り込む(写真1)。このセンサーは無線通信機能を使用して、ラグビーコートのサイドラインの外側にある集計用ノートPCに、データをリアルタイムで送信する(写真2)。アナリストはその集計用ノートPCを使ってデータを解釈する。集計用ノートPCは集めたデータをまとめて、クラウドに送信する。こうすることで、リアルタイム分析ツール「SAP Analytics Cloud」を使ってより詳細に分析できる。

写真写真 写真1、2 マウスピース(左)から取得したデータをサイドラインの外側にある分析用ノートPC(右)に送信する《クリックで拡大》

 マウスピースのデータが含む回転と並進という2つの要素を使って、PROTECHTは選手同士が衝突したときの速度と力を計測する。「トレーニング時や一つ一つの試合時、さらに長い時間を通じて、個別の衝突ケースと、蓄積した衝突ケースの両方で衝撃の回数や大きさを確認できる」とターナー氏は話す。

 PROTECHTはSAPのIoTサービス「SAP Cloud Platform Internet of Things」とも連携する。ターナー氏によると、PROTECHTはSAP Analytics Cloudを使って動作しているため、エンドユーザーが特定のニーズに合わせて分析をカスタマイズできるようにしているという。チームは、サブスクリプションでPROTECHTを利用できる。

PROTECHTはどのように作られたのか

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...