2019年01月30日 05時00分 公開
特集/連載

SAPの「インテリジェントエンタープライズ」は何を目指す ERP専門家の見解はSAPが提案する「これからの企業のあるべき姿」

SAPに関して顧客が注目すべきこれからのトレンドについて、業界の専門家5人が解説する。SAPが新しい年に向かうべき方向について、歯に衣(きぬ)着せぬ発言もあった。

[Jim O'Donnell,TechTarget]

関連キーワード

SAP| SAP HANA | ERP


 TechTargetでは毎年年頭に、SAPに詳しい業界アナリストやコンサルタントを対象に調査を実施し、その年に予想される動向について解説してもらっている。ここで取り上げる一部のテーマは、読者にとって意外性はないかもしれない。「S/4HANA」への移行はこの数年、毎年のように顧客の側に投げ掛けられてきた問題だ。(センサーや機械、他システムによる)間接アクセス向けライセンスもそうだった。

 一方で、2019年に浮上するとの見方で多くの専門家が一致しているトレンドの1つに、「SAP Cloud Platform」によって実現する「インテリジェントエンタープライズ」(注1)がある。さらに、カスタマーエクスペリエンス(CX)プラットフォームの「SAP C/4HANA」が、いかにしてSalesforceに対抗する存在になるかというテーマも挙がっている。これについてSAP内部で予測している関係者は――少なくともそのような形での展開については――もしいたとしても、皆無に等しい。

※注1 SAPが定義するインテリジェントエンタープライズとは、従業員がより価値の高い成果に集中できるように人工知能(AI)や機械学習、モノのインターネット(IoT)、アナリティクスなどの最新テクノロジーを活用する企業の在り方。

 2019年に顧客が注目すべきSAPのトレンドと技術について、5人の意見を以下に紹介する。中にはSAPが向かうべき方向についての辛口の意見もある。

スケールが売りのSAPインテリジェントエンタープライズ

リズ・ハーバート氏(Forrester Research副社長兼主席アナリスト)

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...