生成AIの“危ない使い方”を防ぐ「学校向けサポートパッケージ」の中身「生成AI」は教育をどう変えるのか【第4回】

「生成AIツール」はまだ新しく、利用のベストプラクティスが確立されているわけではない。こうした中、英国教育省は教育機関における生成AIツール利用を支援すべく、ある取り組みを始めた。その具体的な内容は。

2023年06月23日 08時15分 公開
[Alex ScroxtonTechTarget]

 テキストや画像などを自動生成する人工知能(AI)技術「ジェネレーティブAI」(生成AI)を実装したツールを、教育現場はどのように活用すべきなのか――。英国教育省(DfE:Department for Education)は2023年3月、こうした問いに対する一つの回答を示した。

“危ない生成AI”を防ぐ「サポートパッケージ」の気になる中身

 教育機関が、より強力なITを安全かつ安心に利用できるようにする――。こうした目的で英国教育省が提供するのが、信頼できるIT基盤作りのための「サポートパッケージ」だ。

 英国教育省はこれまで教育機関に対して、クラウドサービスやサーバ、ストレージの使用方法、情報のフィルタリング、行動の監視といったIT活用に関する基準を示してきた。今回のサポートパッケージは、教育機関がコストを節約しながら、安全にITを生かすのを後押しする。

 サポートパッケージには、教育機関がIT活用計画を策定するのを支援するサービスも含む。このサービスは、各教育機関のIT活用を評価して改善点を提案し、改善の手段を提供する。英国が優先的教育投資地域に指定するブラックプールとポーツマスの教育機関は、全国展開に先駆けて2023年秋からこれらのサービスを試験運用する計画だ。

関連キーワード

人工知能 | チャットbot


Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。