2023年06月23日 07時15分 公開
特集/連載

PCを「危ない電子ごみ」にしない“なるほどの取り組み”サステナブルなITと社会貢献【前編】

使い終わったIT機器の再利用を促す取り組みがある。データ消去ソフトウェアベンダーのBlanccoが、英国の慈善団体に寄付される使用済みIT機器の再利用に協力している。その取り組みを掘り下げる。

関連キーワード

教育IT | 環境保護 | グリーンIT | IT資産管理


 データ消去ソフトウェアベンダーのBlancco Technology Group(Blancco)が、英国の慈善団体The Turing Trustと共に、アフリカの学校における教育支援に関わる取り組みを進めている。The Turing Trustは、コンピュータサイエンスの研究者だったアラン・チューリング氏の親族が2009年に設立。マラウイ、ケニア、ガーナをはじめとしたアフリカ諸国の学校に、PCなどのIT機器やトレーニングを提供している。

 Blanccoは自社の遠隔データ消去ソフトウェアのライセンスをThe Turing Trustに無償で提供している。具体的にどのような取り組みなのか。

PCをただの「電子ごみ」にしない

 使用済みのIT機器を安全に再利用するためには、機器に保存されている全てのデータを確実に消去することが必要だ。消去が十分でないと、次のユーザーが機器に残存する個人情報を悪用する可能性があるためだ。The Turing Trustに寄付されたデスクトップPC、ノートPCといった使用済みのIT機器は、Blanccoの協力を経て安全に再利用できるようになる。

 これまでBlanccoは、2500台以上のIT機器のデータを消去。The Turing Trustが支援するアフリカ諸国の学校にIT機器が渡り、子どものITスキル習得に役立っている。

 2019年1月、世界経済フォーラム(WEF)の支援を受けて国際連合が構成する組織 UN E-waste Coalitionが報告書「A New Circular Vision for Electronics: Time for a Global Reboot」を発表。世界では毎年約5000万トンの電子ごみが生まれ、そのごみは焼却されるか、世界の最貧国の埋立地へ投棄されることを明らかにした。

 Blanccoとの協業についてThe Turing Trustは、IT機器の迅速かつ大規模なリサイクル、再利用を加速させ、電子ごみの増加を抑制することが目的だと説明する。

 The Turing Trustは年次報告書「Annual Report 2021」で活動結果を報告した。同年、合計11万6000人の子どもが同団体の活動を通じてITスキルを習得し、3452台のPCが学校に提供された。この取り組みにより、966トン相当の二酸化炭素(CO2)排出量の削減につながった。


 後編は、環境に配慮した企業活動を実施するためには何ができるのか、Blanccoの例から検討する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news041.jpg

2024年の広告業界大予測(無料eBook)
Forrester Researchは2024年を「大手メディアが活気を取り戻す瞬間」としています。マー...

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...