PCを“廃棄”なんてもったいない 600台のPCを寄付する当然の理由IT機器の「再生品」市場【前編】

英国の鉄道会社GTRは、再利用可能なPC600台を慈善団体に寄付する。寄付したPCはどのような用途に利用され、どのような効果をもたらすのか。同社が寄付を決定した理由とは。

2022年10月07日 05時00分 公開
[Cliff SaranTechTarget]

 使わなくなったPCは「廃棄するのが当然だ」と考える人がいるが、その考え方は当然ではなくなる可能性がある。英国の鉄道会社Govia Thameslink Railway(GTR)は、従来使用していた合計600台のPCを、慈善団体The Turing Trustに寄付する計画を発表した。GTRはその一環で、2022年8月にまず70台のPCをThe Turing Trustに寄付した。対象のPCはまだ使える状態ではあるものの、同団体は使用しないことに決めた。

PCを廃棄しない当然の理由

 The Turing Trustは、IT機器の再利用(リユース)と教育支援に取り組む慈善団体で、英国の数学者アラン・チューリング氏の親戚が2009年に創設した。同団体は2009年の創設以降、10年間でアフリカ各国の学生5万5000人以上にPCを提供してきた。「ITが持つ変革の力を、全ての子どもが享受できるようにすること」が同団体の掲げる目標だ。

 今回GTRが寄付したPCのほとんどは、The Turing Trustが2016年から支援を実施しているマラウイの学校に提供される他、一部は英国における地域社会の支援にも使用される。

 The Turing Trustは、デスクトップPCを再利用できるように整備して寄付することで、以下を実現する。

  • 学生のPCスキル習得の支援
  • 新品のPCを製造する場合と比較して、160トン以上の二酸化炭素(CO2)の排出抑制

 GTRが寄付を決定した理由はこうだ。同社が従来利用していたPCは最新のソフトウェアを利用できなくなった。そのためPCを刷新し、従来のPCは廃棄せずに寄付することにした。従来のPCは最新のソフトウェアを利用できないとはいえ、再利用が可能な状態だったからだ。経済的余裕がない慈善団体や学校といった組織にとって、このようなPCは貴重なIT資産になる。

 The Turing Trustは寄付するIT機器について、英国政府の基準に従ってデータを確実に消去した後に必要な整備や修理を実施しており、正常に機能する状態だと説明する。

 「GTRが寄付するPCを活用することで、約1万800人の学生がITスキルを習得できる」と語るのは、The Turing Trustの創設者ジェームズ・チューリング氏だ。GTRの寄付は168トン相当のCO2排出量の削減につながる。チューリング氏によると、それは以下に相当する量だという。

  • 420本の植林によるCO2吸収量
  • 英国人17人分の年間カーボンフットプリント(人間活動が排出する温室効果ガスを二酸化炭素に換算した指標)
  • 英国の41世帯に対する年間の電力供給に伴うCO2排出量

 「IT機器に“第2の人生”を与えることで、大勢の人の暮らしを変えることができる」と、GTRでIT部門の責任者を務めるエイダン・シャナハン氏は語る。「リユースPCに対する需要は高い」とみて、シャナハン氏は余剰なIT機器を保有する組織にThe Turing Trustへの寄付を呼び掛ける。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...

news106.jpg

ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショ...