macOSを標的とした新手のマルウェア「OSX.Dummy」、Slackで狙われる?狙いは仮想通貨の投資家

macOSとチャットプラットフォームを通じて仮想通貨の投資家を狙う新手のマルウェアが見つかった。この「OSX.Dummy」の仕組みと、ユーザーが攻撃を検出するための対策を紹介する。

2018年12月02日 05時00分 公開
[Nick LewisTechTarget]

関連キーワード

Apple | Mac | マルウェア | Slack


 チャットプラットフォームの「Slack」と「Discord」上で仮想通貨の投資家を狙う新手のマルウェアを、研究者が発見した。「OSX.Dummy」と命名されたこのマルウェアはどのような仕組みを持つのか。ユーザーが攻撃を検出するにはどうすればいいのか。

「間抜け(dumb)」だが意外に侮れない

ITmedia マーケティング新着記事

news132.jpg

「Apple炎上」から何を学ぶか?(無料eBook)
Appleが新しい「iPad Pro」の広告用に公開した「Crush!」が世界中で大炎上したのは記憶に...

news105.jpg

Web担当者を悩ませる「フォーム営業」をブロック 「ヘルプドッグフォーム」に新機能
ノーコードのフォーム作成管理システム「ヘルプドッグフォーム」が「フォーム営業ブロッ...

news070.jpg

Xの「いいね!」非公開化 イーロン・マスク氏の真の狙いは?
Xが「いいね!」を非公開化するアップデートを実施した。狙いの一つは、Xユーザーが他人...