2018年12月02日 05時00分 公開
特集/連載

狙いは仮想通貨の投資家macOSを標的とした新手のマルウェア「OSX.Dummy」、Slackで狙われる?

macOSとチャットプラットフォームを通じて仮想通貨の投資家を狙う新手のマルウェアが見つかった。この「OSX.Dummy」の仕組みと、ユーザーが攻撃を検出するための対策を紹介する。

[Nick Lewis,TechTarget]

関連キーワード

Apple | Mac | マルウェア | Slack


 チャットプラットフォームの「Slack」と「Discord」上で仮想通貨の投資家を狙う新手のマルウェアを、研究者が発見した。「OSX.Dummy」と命名されたこのマルウェアはどのような仕組みを持つのか。ユーザーが攻撃を検出するにはどうすればいいのか。

「間抜け(dumb)」だが意外に侮れない

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

BeautyTech関連アプリは浸透しているのか?――アイスタイル調べ
BeutyTech関連アプリがこの1年で浸透し始めたことが明らかになりました。

news094.jpg

日本国内に住む中国人女性のSNS利用実態――アライドアーキテクツ調査
在日中国人女性464人に聞いたSNSの利用状況と、SNSを通じて行われる情報提供の実態につい...

news153.jpg

「Indeed」「ZOOM」がワンツーフィニッシュ 米国ビジネスアプリダウンロードTOP5(2019年10月度)
世界のモバイルアプリの潮流を分析。今回はiOSとAndroidにおける米国ビジネスアプリダウ...