QRコード登録がiPhone、Androidのモバイルデバイス管理ツールで人気のワケ新入社員のモバイルデバイスを登録するときに

QRコードを使ってデバイスをモバイルデバイス管理(MDM)に登録する方法は、ベンダーによるサポートも広がり、利用しやすくなってきた。このプロセスにはワークフローの簡素化や利便性などの利点がある。

2018年12月24日 05時00分 公開
[Matt SchulzTechTarget]

 企業のIT部門にとって従業員用デバイスの登録は厄介な問題だ。大量のデバイスを導入する大規模な組織では手間も増大する。

 QRコードスキャンは、自動登録ではないもののモバイルデバイス管理(MDM)サーバへのデバイス登録を簡単に効率化できるので便利だ。デバイスの製造元によるサポートも拡大しており、企業にとって利用しやすくなってきている。

 QRコードによるデバイス登録がこれまであまり利用されてこなかった理由は幾つかある。まずAndroidは「Android 7.0」になるまでこれが利用できなかった。AppleとGoogleがアプリを別途ダウンロードしなくてもネイティブにQRコードをスキャンできるようにしたのもつい最近で、それぞれ「iOS 11」と「Android 8.0」で対応した。

QRコード登録の利点

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。