2018年12月24日 05時00分 公開
特集/連載

QRコード登録がiPhone、Androidのモバイルデバイス管理ツールで人気のワケ新入社員のモバイルデバイスを登録するときに

QRコードを使ってデバイスをモバイルデバイス管理(MDM)に登録する方法は、ベンダーによるサポートも広がり、利用しやすくなってきた。このプロセスにはワークフローの簡素化や利便性などの利点がある。

[Matt Schulz,TechTarget]

 企業のIT部門にとって従業員用デバイスの登録は厄介な問題だ。大量のデバイスを導入する大規模な組織では手間も増大する。

 QRコードスキャンは、自動登録ではないもののモバイルデバイス管理(MDM)サーバへのデバイス登録を簡単に効率化できるので便利だ。デバイスの製造元によるサポートも拡大しており、企業にとって利用しやすくなってきている。

 QRコードによるデバイス登録がこれまであまり利用されてこなかった理由は幾つかある。まずAndroidは「Android 7.0」になるまでこれが利用できなかった。AppleとGoogleがアプリを別途ダウンロードしなくてもネイティブにQRコードをスキャンできるようにしたのもつい最近で、それぞれ「iOS 11」と「Android 8.0」で対応した。

QRコード登録の利点

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年5月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news150.jpg

2022年の「値上げ」に対する消費者の意識と行動――日本インフォメーション調査
消費者はどのような商品・サービスに値上げを実感し、どう対策しようとしているのでしょ...

news038.jpg

TikTokのとてつもない稼ぎ力 急成長の秘密は?
TikTokの広告収入はTwitterとSnapchatのそれを足し合わせても追い付かず、近い将来はYouT...