2018年10月24日 05時00分 公開
特集/連載

デバイス大量導入時の注意点AppleのMDM登録サービス「DEP」の認証機能を巡り議論 機能か、欠陥か

Appleが法人向けに提供するモバイル端末導入支援サービスDevice Enrollment Program(DEP)は、注意して利用しなければ組織全体が脅威にさらされる危険がある。とはいえ、このセキュリティ問題には回避策がある。

[Erica Mixon,TechTarget]
画像

 AppleのDevice Enrollment Program(DEP)が安全なサービスだと考えているIT管理者は考え直す必要がある。

 2018年9月、セキュリティサービスを提供するDuo Securityの研究者たちが、DEPに潜在する脆弱(ぜいじゃく)性が見つかったと発表した。DEPに潜むセキュリティの問題は、デバイスをMDM(モバイルデバイス管理)サーバに登録する際、シリアル番号で認証している点にある。ただしこの認証プロセスは機能の一つであり、代替策を導入することで問題を回避できるという。

 Duo Securityのリッチ・スミス氏は次のように述べる。「現時点でDEPの脆弱性が攻撃の対象になっているわけではない。とはいえ、これでMDMの認証方法について考える必要のある点が浮き彫りになった」

DEPの認証問題

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。