2015年01月23日 08時00分 UPDATE
特集/連載

MDM製品への“全自動登録”も可能にiPhone/iPad導入があり得ないほど楽になる「DEP」の使い方

米Appleの「iPhone」「iPad」を大規模導入する企業にとって、導入負荷の軽減は大きな課題だ。もし少しでも導入を楽にしたいのであれば、「Device Enrollment Program」が協力な武器になる。

[Lisa Phifer,TechTarget]
tt_tt_DEP_01.jpg

 企業が米Appleの「Device Enrollment Program(DEP)」を利用すると、「iOS」「OS X」端末導入を容易にすることができる。

 Appleが数年前、標準のモバイルデバイス管理(MDM)機能をiOS 4に追加して以来、IT管理者は一般的なサードパーティー製MDM製品を使って「iPhone」「iPad」といったApple製端末を一元管理し、監視できるようになっていた。ただその場合でも、従業員が自分の端末を個別にAppleに登録し、自分でMDM製品への端末登録をする必要があった。従業員はMDMを受け入れることもオプトアウトすることも可能で、いつでもMDMの制御を削除できる選択肢もあった。

 MDMに対するAppleの姿勢は、2010年当時のような曖昧なものではなくなった。DEPでは企業や学校が調達したiPhoneやiPad、MacのMDMへの登録を必須にできる。加えて導入プロセスも簡素化され、Apple製端末の企業導入に伴う作業を完全に自動化できる。端末は実質的にあらかじめMDM製品登録された状態で購入されることになり、遠隔操作で管理できる準備が整っている。MDMなしの端末利用も防止でき、不正な転売や盗難の阻止も可能だ。

「iPad Air 2 Wi-Fi 16GB」、読者プレゼント実施中!

iPad Air 2

TechTargetジャパンは、2015年に企業が注目すべき最新技術の関連記事を集約したテーマサイト「はやる技術を先取りチェック 大胆予測、2015年に伸びる注目技術はこれだ」を開設しました。本テーマサイトの開設を記念して、「iPad Air 2 Wi-Fi 16GB」を抽選でプレゼントします。


気になるDEPの仕組み

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news028.jpg

「スマホ世代」ってどの世代? スマートフォン利用者5500万人時代のリアル
国内のスマートフォン利用人口増をけん引しているのはどの世代? 10代はスマートフォン...

news147.gif

富士通がタグマネジメントのTealiumとデジタルマーケティング事業で協業
富士通はタグマネジメント事業大手のTealiumとデジタルマーケティング事業で協業すること...

news115.jpg

Salesforce.comが人工知能を活用したECプラットフォームを提供開始
Salesforce.comは「Salesforce Commerce Cloud」を提供することを発表した。Commerce Clo...