2015年11月20日 12時00分 UPDATE
特集/連載

特選プレミアムコンテンツガイド脱Excelの大本命 急成長の「セルフサービスBI」が選ばれる理由とは

ビジネス部門が簡単に使えるセルフサービス型のBI/分析ツールに注目が集まっている。Excelでの運用はもはや限界といわれる中で、こうしたツールが選ばれる理由は一体どこにあるのだろうか。

[TechTargetジャパン]
脱Excelの大本命 急成長の「セルフサービスBI」が選ばれる理由とは

 米調査会社Gartnerの調査では、セルフサービス型やデータ探索型と呼ばれるBI/分析ツールへと市場が拡大していることが明らかになった。これまでは主にIT部門を中心にエンタープライズBIおよび分析システムに投資してきた。だが、ビジネスユーザーが自らの手でデータを処理・分析し、よりタイムリーな洞察を得るニーズが増えているため、セルフサービス型やデータ探索型と呼ばれるBI/分析ツールが大きな注目を集めている。

 実際にセルフサービスBIツールを導入することで、業務の改善や課題解決に役立てている企業が現れている。果たして導入を決めた背景や導入した後の効果はどのようなものだったのだろうか。本稿では、セルフサービスBIツールが必要とされる理由について、市場動向と国内導入事例を通して紹介する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news121.jpg

CMOにふさわしいのは社内の人材? 社外のスペシャリスト? ガートナーが調査
ガートナー ジャパンは、同社主催イベント参加者などを対象にマーケティング業務の変化に...

news109.jpg

電通テック、キャンペーンのデジタル化を支援する新サービス「Cam-D」を提供開始
電通テックは、キャンペーンのデジタル化を支援する新サービス「Cam-D」の提供を開始した。

news072.jpg

日本経済新聞社が動画マーケティング支援のViibarと資本業務提携
日本経済新聞社とViibarは、資本業務提携に関する契約を締結した。