2016年05月10日 12時00分 UPDATE
特集/連載

企業はハッカーコンテストを支援せよ就活不人気のセキュリティ職、ミレニアル世代を振り向かせるには?

サイバーセキュリティ分野のキャリアの魅力を若い世代に伝えるのはそう難しいことではないが、そのためには、IT業界が教育に力を入れなければならない。そして、企業が若い世代を導く必要がある。

[Mike O. Villegas,TechTarget]

 RaytheonとNational Cyber Security Allianceが最近実施した調査では、18〜26歳のミレニアル世代は、サイバーセキュリティのキャリアに進もうとしていないことが明らかになった。この原因は、セキュリティ職に対する認識不足とコンピュータ科学の学位取得の選択肢が限られていることにある。これは、情報セキュリティの労働人口にどのような影響があるのだろうか。また、ミレニアル世代にサイバーセキュリティのキャリアに関心を持ってもらうために、雇用主やセキュリティマネジャーは何ができるのだろうか。

数字が語る“若者のセキュリティ離れ”

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news064.jpg

シャノンの「イベント受付来場認証」がPepperと連携
シャノンは、MAツール「SHANON MARKETING PLATFORM」において、展示会・イベントの来場者...

news014.jpg

SalesTech最前線 世界の主要サービスを一気見
AdTech、Martechに続く注目分野であるSalesTechの現状はどうなっているのか。各領域の主...

news106.jpg

「Gotcha!mall」が「LINE」と連携
グランドデザインは、スマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall(ガッ...