2015年03月26日 15時00分 UPDATE
特集/連載

企業の対策強化で人気職種に「応募がたったの6人」、セキュリティ人材がどこも引っ張りだこの理由

セキュリティ脅威の増加で企業はセキュリティとコンプライアンスに長けた人材の採用に苦労している。そのような人材は賃金も上昇。企業にできることとは?

[Jeff Jenkins,TechTarget]
ik_tt_security01.jpg

 近年、多くのセキュリティとコンプライアンスの責任者が次のような状況に直面している。経済が回復するにつれ、数カ月前に提出した中堅/上級のリーダー職を増員するための雇用申請がようやく経営幹部によって承認されるようになっている。そして、人事部門から、次のような通達が届く。何百人もの応募があることを予想していたが、選考対象の応募者はたった6人だと。それから、その6人の応募者は、募集要項に条件として記載していた経験やセキュリティとコンプライアンスに関連するスキルをどれもほとんど持っていないことが判明する。また、自身の経歴に関わらず、その職務に通常支払われるよりも20〜30%高い金額の賃金を要求している。

ITmedia マーケティング新着記事

news028.jpg

若者の悩みは「未来」よりも「お金」にシフト?――CCC調査
平成が終わりを迎えようとしている中、若者たちは何に悩みどんなことを考えているのでし...

news013.jpg

なぜ人材採用にマーケティング発想が必要なのか
デジタル時代の人材採用。海外では既に実践されている「インバウンドリクルーティング」...

news139.jpg

シナジーマーケティングとMS&Consultingが「覆面Web調査」を開始
シナジーマーケティングはMS&Consultingと協業し、ECなどのWeb会員の顧客満足度を調査改...