2014年09月30日 15時00分 公開
特集/連載

セキュリティ担当に女性はなぜ少ない? Facebook幹部が「残念な誤解」を指摘いまだに残る“男の職場”イメージ

Facebookのセキュリティ担当ディレクターは、情報セキュリティ分野で女性がキャリアを成功させることは可能であり、人材の多様化はセキュリティ対策の強化に有効だと訴えた。

[Eric B. Parizo,TechTarget]

関連キーワード

Facebook | Apple | セキュリティ


 米Facebookの情報セキュリティ部門のトップによれば、情報セキュリティ業界の長期的な成功は恐らく、より多くの女性にこの分野での就業を促せるかどうかに掛かっているという。だがそのためには、女性とセキュリティに対する幾つかの残念な誤解を解消する必要がある。

 Facebookのセキュリティ担当ディレクター、ジェニファー・レッサー・ヘンリー氏は2014年9月5日(米国時間)に米Bay Path大学で開催された第2回年次セキュリティカンファレンス「Cybersecurity Management Summit」で基調講演を行い、「情報セキュリティの分野では技術よりも人に重点が置かれるようになってきている」と語った。

セキュリティ分野で女性が占める割合は11%

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...