2016年07月19日 07時00分 UPDATE
特集/連載

「iOS」のセキュリティ機能はどこまで使える?「iPhone」と「iPad」のデータどう守る? IT担当者が知るべき8つの方法 (1/3)

企業におけるAppleデバイスの需要が高まり、データ保護の必要性は、かつてないほど高まっている。IT担当者には、iOSデバイスの安全性を維持する複数の選択肢がある。

[Lisa Phifer,TechTarget]
AppleのモバイルOS「iOS10」の公式Webページ《クリックで拡大》

 Appleデバイスはユーザーに人気がある。そのため、AppleのモバイルOSの「iOS」に組み込まれているデータ保護機能を最大限に活用することが、ビジネスデータを保護する上で重要だ。

 Appleのセキュリティ機能は長い年月をかけて大きく進歩している。だが、まだ弱点がある。IT担当者は弱点を把握して、デバイスを最新の状態に保ち、暗号化や指紋認証機能「Touch ID」などの主要機能を有効にしなければならない。

 本稿では、iOSデバイスのデータを保護するためのベストプラクティスを紹介する。

ハードウェアを賢く選ぶ

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

メルカリでの平均取引価格から算出した宅内の不要品の価値は推計37兆円――みんなのかくれ資産調査委員会調べ
金融、不動産に続く第3の資産、みなさんのご自宅にも眠っているのではないでしょうか。

news143.jpg

マーケターが「知らない」では済まない炎上対策、プロのネットウォッチャーが語る
ネットウォッチャーとして知られるおおつねまさふみ氏が、WOM(口コミ)マーケティングの...

news122.jpg

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業...