2017年07月03日 07時00分 UPDATE
特集/連載

まずはDRの要件を定義しようサービスとしての災害対策「DRaaS」にSDNが使える理由

ソフトウェア定義のネットワーク(SDN)はデータのバックアップやレプリケーションに役立つ。災害対策(DR)プラットフォームでSDNを使用することを検討している場合は、まずDRの要件を定義しよう。

[Paul Kirvan,TechTarget]
MicrosoftのDRaaSサービス「Azure Site Recovery」(出典:Microsoft)《クリックで拡大》

 ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)を使用すると、特定の運用要件に適合し、通常時の運用で異変を特定できる災害対策(DR)システムを設計することが可能になる。

 数十年前、音声やデータのネットワークは、複数のポイントを接続する固定回線の集合だった。各回線の終端ポイントでシステムを切り替えることで、スイッチングとルーティングを行っていた。また各終端点にある装置は、単純なものが大半を占めていた。

 インターネットが登場して異種デバイスを相互に接続することが求められる中、ネットワークは接続のセットアップ、管理、停止の機能を果たすためにインテリジェンスが求められるようになった。時間の経過と共に、接続するデバイスやアプリケーションの種類を問わず、ネットワークインテリジェンスは中央制御システムに組み込まれるようになった。そして、中央制御システムでは、スイッチングのルールが提供され、接続の監視や促進が行われるようになった。

 SDNでは、このような中央制御システムの各種コマンドや機能を簡略化しようとしている。SDNは、広範な種類のデバイス、アプリケーション、MPLS(Multi Protocol Label Switching)などのネットワークサービスのプロトコルを管理できる。そのため、SDNは今日のネットワーク構成の一般的な要素になりつつある。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news089.jpg

【無料ダウンロード】Twitter広告まとめ 2018
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにして不定期で...

news021.jpg

ゴールデンウイーク前後における日本人のオンライン購買行動はこうなる──Criteo調査
Criteoは、大型連休前後の日本人のオンライン購買傾向をまとめた「2018年度 ゴールデンウ...

news025.jpg

博報堂DYメディアパートナーズとエイベックス・マネジメント、VR映像によるブランデッドムービー制作で協業
博報堂DYメディアパートナーズはエイベックス・マネジメントと共同で、VR映像によるブラ...