2016年09月02日 12時00分 UPDATE
特集/連載

性能重視で選ぶなら一択サービスとしての災害対策「DRaaS」にフラッシュクラウドストレージを

組織がデータへのアクセス速度向上を必要とする場合、そしてコストを増やす余裕がある場合、ほとんどのプロバイダーがクラウドフラッシュストレージを提供している。

[George Crump,TechTarget]

 バックアップ用途あるいは普段使わないデータを保存するための大容量ストレージとして、クラウドを考えたことはあるだろうか。クラウドのアプリケーションを使う戦略はどうだろう。そうしたアプリケーションではクラウドストレージ性能の重要性が大きい。フラッシュクラウドストレージの利用も同様だ。

現実的な選択肢としてのフラッシュ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news071.jpg

ビジネスサーチテクノロジ、ECサイト内検索ガジェット「ポップファインド」を提供開始
ビジネスサーチテクノロジは、ECサイト内検索ガジェット「ポップファインド」の提供を開...

news018.jpg

刺さる企業動画とは? ONE OK ROCK出演のHondaJet CMがブランド部門1位──エビリー調査
エビリーは2018年第1四半期のYouTube企業動画ランキングを発表。ONE OK ROCK出演の本田技...

news020.jpg

「ABMは営業視点のマーケティング」の真意とは?――庭山一郎氏×佐久間 衡氏
日本のB2Bマーケティングをけん引する論客2人が、ABMで成果を出すための本質的な考え方に...