2017年08月01日 05時00分 UPDATE
特集/連載

パブリッククラウドに構築したプライベート環境仮想プライベートクラウドは、オンプレミスのプライベートクラウドの代わりになるか?

多くの企業はパブリッククラウドのメリットを理解しているが、シングルテナント環境で運用したいと考えているのが実情だ。本稿では、仮想プライベートクラウドがそのニーズをどう満たすかについて説明する。

[Alan R. Earls,TechTarget]

 パブリッククラウドのメリットは依然として企業を魅了しており、ここ数年でパブリッククラウドの導入は著しく増えている。しかし、パブリッククラウドが主流となっている中で、企業がひき付けられている別の導入モデルがある。それは、仮想プライベートクラウドだ。

 プライベートクラウドは、自社設備を使用してクラウドサービスのメリットを享受したい企業に人気のモデルだ。そう語るのは、Gartnerのバイスプレジデントでアナリストのニール・マクドナルド氏だ。仮想プライベートクラウドは、プライベートクラウドと同じようなアイデアである。ただし、企業がインフラを所有するのではなく、パブリッククラウドを利用して構築したプライベート環境を使用する点がプライベートクラウドと異なる。

 「仮想プライベートクラウドは真のプライベートクラウドではない。だが、パブリックリソースは自社専用となる」(マクドナルド氏)

 Amazon Web Services(AWS)、Google、Microsoftなどの大手クラウドプロバイダーは、パブリッククラウドの流行に乗って利益と市場での地位を手に入れている。また、仮想プライベートクラウドと仮想プライベートネットワークの選択肢を提供している。ただし、仮想プライベートクラウドの導入を決める前に、メリットとトレードオフ、オンプレミスのプライベートクラウドとの違いを理解することが重要だ。

仮想プライベートクラウドのメリット

 仮想プライベートクラウドには、プライベートクラウドより隔離されているという性質がある。また、仮想プライベートクラウドを使用すると、パブリッククラウドを自社のデータセンターの拡張と位置付けることができる。

 「アドレス空間を連続的にすることが可能で、トランザクションのワークロードは自社のデータセンター内にあるかのように感じられる。事実上、仮想プライベートクラウドはリモートデータセンターにあるワークロードにすぎない」とマクドナルド氏は言う。

 企業は既存のネットワークとセキュリティツールを使用して仮想プライベートクラウドの導入を支援することができる。つまり、抜本的な変更を行うことなく、パブリッククラウドの幾つかのメリットを享受できるということだ。

 Forrester Researchの主席アナリストで、Infrastructure as a Service(IaaS)のクラウドリードを務めるローレン・E・ネルソン氏によると、プライベートクラウドには上述以外に以下のメリットとユースケースがあるという。

  • 災害復旧(DR)戦略を拡張して、目標復旧時間と目標復旧地点をより適切に満たす
  • 特定のコンプライアンス要件を満たす
  • 古い外部委託のインフラを撤去する
  • クラウドへのもっと慎重な移行方法を採用し、仮想プライベートクラウドをパブリッククラウドへの半歩前進する手段として扱う
  • オンプレミスのプライベートクラウド構築の複雑さを取り除く

仮想プライベートクラウドとオンプレミスのプライベートクラウドの違い

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

消費者の自由裁量所得と使途の状況――NTTコム オンライン調査
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションと立教大学経営学部 有馬賢治研究...

news013.jpg

B2Bマーケティングのラストワンマイル、今こそ再評価したい「電話」の価値
マーケティング全般におけるコールセンターシステムの役割を主軸に、ボイスコミュニケー...

news146.jpg

電通テック子会社の「情報銀行」サービスが始動
電通テック子会社のマイデータ・インテリジェンスは、生活者主導のパーソナルデータ管理...