2015年08月10日 12時00分 UPDATE
特集/連載

AWSやGoogleと同じものを作るのは無理“ダメなプライベートクラウド”を生み出す8つの兆候 (1/2)

プライベートクラウドには多くのメリットがある。だが、プライベートクラウドの導入には潜在的なリスクが伴う。多くの企業がプライベートクラウドの導入で犯す8つの過ちを紹介する。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]
tt_aa_kaigai.jpg 読者調査より、プライベートクラウドに期待すること(参照:2013年は高まる気配? プライベートクラウドの導入意向)《クリックで拡大》

 プライベートクラウドは優れたソリューションであるように見える。パブリッククラウドと同様に柔軟性、拡張性、セルフサービス機能が用意されているが、管理はプライベートのデータセンターで行う。このようなメリットがある一方で、プライベートクラウドの導入は複雑で重労働だ。導入に失敗することもある。多くの企業は、「Amazon Web Services」(AWS)が提供するような機能を思い描いているものの、技術的な課題に対応する準備ができていないのが実情だ。

 米Gartnerが2015年6月に開催した「IT Operations Strategies & Solutions Summit」では、同社でリサーチ部門のディレクターを務めるマーク・ロックウッド氏が、プライベートクラウドの成功を脅かす問題を説明した。具体的には、非現実的なメリット、無関心なユーザー、低い投資対効果(ROI)などがある。プライベートクラウドでつまずく8つのポイントは次の通りだ。

1.社内政治とチーム構成

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news115.jpg

「GenieeSSP」がネイティブ広告向け配信APIの提供を開始
ジーニーは、同社のインターネットメディアの広告収益最大化プラットフォーム「GenieeSSP...

news098.jpg

シナジーマーケティング、クラウド型CRM「Synergy!」に広告連携機能を追加
シナジーマーケティングは同社のクラウド型CRM「Synergy!」に広告連携機能を追加したと発...

news047.jpg

「Adobe Sensei」はマーケティングをどう変える? 「Adobe Experience Cloud」におけるAIの位置付け
マーケティング基盤からエクスペリエンス基盤へ。新たに誕生した「Adobe Experience Clou...