2017年11月20日 05時00分 公開
特集/連載

“使い心地”のテストが必須「Amazon Echo」が失敗するとしたらその理由は何か?

Amazon Echoが示すのは、もはや情報のやりとりにキーボードは必要ではないという新しい常識だ。その際、ユーザーが評価するのはシステム全体の使い心地になるだろう。

[Antony Edwards,TechTarget]

関連キーワード

Amazon


Amazon Echo《クリックで拡大》

 「Amazon Echo」は年末商戦のギフトとして注目を浴びると期待されており、多くの人はデジタルホームアシスタントが約束する世界を味わってみたいと考えている。「Amazon Alexa」のエコシステムも進化し続けており、現在多くのサードパーティー製品の重要なプラットフォームとなっている。Amazonをはじめ、これらのサードパーティーベンダーにとっては、エンドユーザーにシームレスな使い心地(ユーザーエクスペリエンス)を提供することが極めて重要だ。

 モノのインターネット(IoT)の発達により、テクノロジーが人々の生活の中に直接取り込まれ、その結果、ユーザーエクスペリエンスと品質への要望が急速に増大している。現在、システムは分散し、異機種混在の環境を構成しており、多くのグラフィックスを使用するシステムを含む全てを問題なく動作させるためには、システムを再構成するくらいの膨大なテストが必要となっている。

人間はもはやキーボードでは情報のやりとりをしない

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...

news102.jpg

MarketoがSlackと連携、リード関連情報のリアルタイム通知が可能に
Marketoは、Slackとの連携を発表した。顧客エンゲージメントに関するリアルタイム通知を...