2017年05月16日 08時00分 UPDATE
特集/連載

次は音声認識に注目「Amazon Echo」に何を話しかける? AIが隣にある生活と仕事

人工知能(AI)アプリケーションは多数のビジネスプロセスに貴重な洞察とサポートをもたらす。だが、今日の使用例は氷山の一角にすぎない。

[Bridget Botelho,TechTarget]
ネットユーザーにはおなじみのCaptchaテスト《クリックで拡大》

 最近、新聞の連載漫画『GIL』で、次の様子が描かれていた。8歳の少年GilがAmazon.comのスピーカー型音声認識機器「Amazon Echo」に向かってコマンドを叫んでいた。簡単な指令を2回発しても返事がなかったので、「Alexa! どうしたの」とGilは叫んだ。この状況を見たGilの母親は、なぜコーヒーグラインダーに向かって怒鳴り付けているのか息子に尋ねていた。

 人工知能(AI)システムに関する漫画が日曜日の新聞の1面に掲載されたという事実は、AIが本格的に主流技術になっていることを示している。アナリストは、音声が次の重要なユーザーインタフェースになると予想している。筆者は予測分析について懐疑的だが、音声が次の重要なユーザーインタフェースになるというのは個人的に信じている予想の1つである。

 筆者の自宅には、Amazon Echoがある。多くの便利な能力を備えているが、主に使用するのは、ごく一般的な5つの目的のためだ。その目的は、「音楽を聴く」「ニュースを聞く」「天気予報を聞く」「検索エンジンに文字を入力するのが面倒な質問に答えてもらう」「高額のキッチンタイマーとして使う」という5つである。Amazon Echoは、これらの基本的な呼びかけをよく理解する。筆者の4歳と2歳の娘が夕食後のダンスパーティでお気に入りの曲をかけるのに「Alexa」と呼びかけているが、Amazon Echoは彼女たちのコマンドでも解読することができる(2歳の娘に歌を求められて、Alexaが筆者と同じように解読できることも少なくない)。

 ここで伝えたいのは、筆者の子どもたちが空気中に向かってコマンドを送ると、機械がコマンドに答える時代になったということだ。今のところ子どもたちの要求は単純なものだが、彼らが社会に出るまでに状況は変わるだろう。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

サイバーエージェントがDDTプロレスリングを買収
サイバーエージェントは、DDTプロレスリングの発行済み株式の全株式を取得したことを発表...

news069.png

Twitter投稿を基に番組視聴者のペルソナを可視化、データセクションのテレビ番組口コミ分析サービスに新機能
データセクションは、テレビ番組口コミ分析サービス「TV Insight」において、ソーシャル...

news058.jpg

アプリ利用者を特定してアンケート調査、「App Ape」と「TesTee」が連携
フラーは、リサーチツールの提供を行うテスティーと共同で、アプリ所持ユーザーや休眠ユ...