品薄“ファミコンミニ”かAI家電か――ITギークが歓喜する一押しプレゼントは?「Amazon Echo」「Google Home」などのプレゼント候補を紹介(1/2 ページ)

2016年版のITギークの欲しいものリストは、例年と様相が違うようだ。本稿では、複数の専門家の意見を基に、懐かしいものから最新の製品までギークへのプレゼントの候補を提案する。

2016年12月17日 08時00分 公開
[Beth PariseauTechTarget]

関連キーワード

Amazon | Google | IoT(Internet of Things)


画像 ITギークが欲しがるプレゼントは

 信じ難いことだが、2016年の休暇シーズンが目前に迫っている。ITギークは年末までに手に入れたいガジェットのことを考え始めている時期だろう。

 2016年のITギーク向けのプレゼントとしては、最新のスマートフォンやタブレットなどが候補に挙がる。他にも人工知能(AI)技術を使った最新対話型装置から、1980年代の旧式技術に基づく子ども向け玩具までさまざまだ。

 毎年おなじみのライトセーバー(映画『スター・ウォーズ』に登場する架空の剣)もあれば、小型コンピュータの「Raspberry Pi 3 Model B」、プログラム可能な小型無人飛行機「ドローン」、Googleの新型スマートフォン「Pixel」といった流行の商品もある。Apple製品の愛用者にとっては、Appleのスマートフォン「iPhone」シリーズのバッテリーケースも、欲しいものの候補に挙がるだろう。

 ITギーク向けの生産性を高めるプレゼントの候補は、スマートホームの構成要素から職場のデスクで使うガジェットまで幅広い。

ホームオートメーション、ロボット、AI

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。