2017年11月21日 09時00分 公開
特集/連載

個人情報と引き換えだけでは不信感IoTで直面する課題 ユーザーに信頼されるプライバシーポリシーの作り方とは (1/2)

IoTテクノロジーがデジタルな形で消費者の自宅、自動車、衣服に取り入れられていくにつれて、企業がユーザーとの間に築く関係は、これまでにないほど親密で個人的なものになる。

[Eve Maler,TechTarget]
画像 信頼される企業になるためには何が必要か

 自社で販売する製品が所有者の声を聞いたり、日常生活に関するデータを収集したり、自動車の運転の手助けをしたり、眠っている子どもを見守ることができたらどうだろうか。価格、品質、耐久性という要素は、それほど重要ではなくなるだろう。最も重要なことは、製品を販売している企業が信頼に足るかということだ。

 最近、ワイヤレスホームオーディオを扱う米企業Sonosが、同社のプライバシーポリシーとデータの収集方法に関する変更を発表した。そして、世間は、新興分野であるIoTで企業がセキュリティとユーザーのプライバシーのバランスを取ることの難しさを目の当たりにすることになった。同社が発表した変更は無難なものに思えた。というのも、これらの変更は、基本的に製品のパフォーマンスを向上して、個人に合わせて製品をカスタマイズする目的で使用する種類のデータに関連するものだったからだ。実際、Sonosの対応は、プライバシーポリシー更新の標準的な慣例からいい意味で大きく外れた丁寧なものだった。同社は事前にブログで詳細な告知を行い、新しいプライバシーポリシーを明確にするために熱心な取り組みを行っていた。重要な文は下記の通りだ。

 「これらの変更を行う際、弊社ではプライバシーコミュニティーの専門家と作業をする時間を設けた。ベストプラクティスを理解し、使用する言葉が分かりやすく、将来においても的確であるようにし、混乱を招く法律用語の使用をできる限り避けた」

 だがSonosが誠心誠意対応したにもかかわらず、多くの顧客とメディア関係者は、新しいプライバシーポリシーのより厳しい面に目を向けていた。特にSonosがデータの収集範囲拡大に際して、オプトアウトの選択肢(利用者の意思でデータ収集をやめる)を用意しなかったことに注目が集まった。新しいプライバシーポリシーの条項に同意しない顧客は同社のソフトウェアを更新する権利を失う。そしてその顧客は、高額なハイエンドのシステムの機能を年月の経過と共に使うことができなくなっていくのだ。

全く新しいIoTの世界

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news075.jpg

KPIの到達可能性をAIが判断して広告配信を自動最適化、マイクロアドが「UNIVERSE FFM Version1.0」を提供
マイクロアドは、「UNIVERSE フルファネルマネジメント Version1.0」を提供開始した。

news061.jpg

マーケティングオートメーション×LPO トライベック・ストラテジーとデータアーティストがツール連携
トライベック・ストラテジーとデータアーティストは、それぞれが提供するツールの連携を...

news053.jpg

電通デジタルとビービット、マーケティングオートメーションのシナリオをPDCAで支援する独自メソッド提供
電通デジタルはビービットと共同で、デジタル行動観察ツール「ユーザグラム」を活用し、...