2018年05月05日 05時00分 公開
特集/連載

メリットとデメリットをどう評価するか圧倒的な生産性向上をもたらす「モバイルAI」の光と影

モバイルIT管理者は、人工知能(AI)技術の活用に備えなければならない。だがそれにまつわるリスクや課題も認識する必要がある。

[Erica Mixon,TechTarget]
AIのメリットとデメリットは?《クリックで拡大》

 人工知能(AI)が現実となる中で、ITプロフェッショナルは日常的な管理業務の支援やユーザーの生産性強化のために、スマートモバイルツールを活用できる。だが同時に新たな課題にも直面する。

 計画を立てて効率的に対処するため、以下にAIのメリットとデメリットを紹介する。

AI駆動型のIAMに備えを

 AI駆動型のID・アクセス管理(IAM)システムは近いうちに、従来型のユーザー名とパスワードを使ったエンドユーザー認証システムに取って代わるかもしれない。

 AIを使ったID管理システムは、エンドユーザーが確かに登録されたデバイスを使っているかどうかを、従来と比べて簡単に確認できる。例えばAIベースツールでは、ネットワークトラフィックをモニタリングしてユーザーの位置情報を確認し、アクセスを許可または拒否できる。スマートなモノや自律式のクルマなど、新しいデバイスアクセスポイントの相次ぐ流入に伴い、AIベースのID管理ツールは近い将来、不可欠になる。

モバイルアプリ開発に与える影響

 AIのメリットとデメリットは、モバイルアプリ開発でも検討する必要がある。モバイルアプリはユーザーに大量の情報をもたらす。AIを使えば、ユーザーがそうしたイベントを無視するか通知を受け取るか、ふるい分けができる。

 AIはコンテキスト(文脈)情報を使ってユーザーのことを学習し、どのイベントがユーザーにとって重要かを、より正確に判断できるようになる。そうした機能を実現するために、開発者は従業員のリクエストや位置情報、IoTセンサーの動きなどを通じてユーザーに関する情報を収集し、その情報をかみ砕いて分析できる。

AI駆動型のチャットbotに注目

 機械学習とAIで、チャットbotアプリケーションにも弾みがついている。こうしたアプリケーションの人気を最初に高めたのは、ユーザーとアプリとの対話を実現した「SmarterChild」や「Clippy」など、比較的古い技術だった。AIと機械学習はユーザーのリクエストに文脈を与え、botによる返答の知性を高めることができる。

 チャットbotは誇大に吹聴されているものの、IT部門にとっては、管理者によるインフライベントの管理をbotが支援するなど、幾つかの用途がある。例えば管理者がbotに対し、特定のサーバに高いリソース負荷がかかっていないかどうか確認するよう指示できる。ただ、チャットbotはエンタープライズに進出するよりも前に、コンシューマーを相手にする場面で普及が進む公算が大きい。

データプライバシーの荒波を航行

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

オフライン広告の効果可視化とマーケターの働き方改革に向け、サイカとインテージが業務提携
サイカとインテージは業務提携を行い、オフライン広告の効果測定における汎用的な分析ソ...

news027.jpg

電通など3社、“人”基点でコンテンツマーケティングを高度化する「People Driven Content Marketing」を提供
電通と電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズの電通グループ3社は、“人”基点で...

news014.jpg

スマホサイトのユーザビリティ 業種別1位は通信、企業別では?――トライベック・ストラテジー調査
トライベック・ストラテジーとトライベック・ブランド戦略研究所は、「スマートフォンユ...